乳酸菌入りの青汁は大正製薬が1番オススメ!?乳酸菌青汁の効果と飲んでみた口コミ!

乳酸菌青汁,乳酸菌入り青汁,大正製薬,口コミ

 

”腸内フローラ”という言葉が広まって以降、世の中では乳酸菌ブームが続いています。

 

腸内フローラとは「腸内細菌叢」の事であり、人間の腸内に住んでいる細菌のこと。

 

腸内に住む細菌は”善玉菌””悪玉菌”そして環境によって善にも悪にもなる”日和見菌”の3種類に分かれます。

 

腸内環境を良くし、健康な毎日を送るためには、善玉菌を増やして日和見菌を味方につけることが重要。

 

腸内に住める細菌の数は決まっているため、善玉菌が増えればその分だけ悪玉菌は減ります。

 

腸内環境が生活に及ぼす影響は予想以上に大きいことが分かってきており、腸内フローラを味方につけることは健康のための基本中の基本とも言えます。

 

・便秘
・肥満
・アレルギー
・肌荒れ
・虚弱体質
・痩せられない
・太れない
・うつ気味
・マイナス思考

 

これらの症状も、原因は”腸”から来ている可能性があり、腸内環境の改善で症状が良くなることもあります。

 

そのため、腸内環境を改善するための”乳酸菌”が大人気となっており、しかもその乳酸菌をヨーグルトなどではなく”青汁”で摂ろうとする方が増えています。

 

乳酸菌青汁で腸活

 

乳酸菌=ヨーグルトというイメージが大きいですが、なぜ乳酸菌を青汁で?

 

それは、青汁には乳酸菌にはない”食物繊維”が豊富だから。

 

食物繊維も、乳酸菌と並んで腸内フローラのためには不可欠な栄養素であり、また現代日本人に不足している栄養素でもあります。

 

しかも青汁には、食物繊維に含まれるビタミン、亜鉛、鉄分、葉酸なども豊富。

 

ヨーグルトよりも乳酸菌が多く、しかも食物繊維やその他の栄養素まで一緒に摂取できる『乳酸菌入り青汁』は、まさに日本人に不足しがちな栄養を1杯で補給できるパーフェクトドリンクと言ってしまっても良いかも知れません。

 

そんな乳酸菌入り青汁の各商品を比較し、1番オススメの乳酸菌青汁をご紹介します!

 

乳酸菌青汁

乳酸菌入り青汁の商品比較

会社名 乳酸菌量 価格


大正製薬

200億個

3,600円

初回のみ
980円


世田谷自然食品

100億個 3,430円


えがお

135億個 3,434円


やわた

150億個 2,160円


薬日本堂

120億個 3,800円

 

大正製薬の乳酸菌青汁がコスパNo.1

上記の表をご覧の通り、大正製薬の乳酸菌青汁が、乳酸菌配合量200億個で一番多く、しかも値段も他の商品と変わりません。

 

大正製薬の乳酸菌青汁は、定期購入の場合初月分が980円という特別価格。
しかも、定期購入なら次回以降は3,240円となるため、非常にお得です!

 

大正製薬は歴史も長い信頼できるメーカーでもありますし、乳酸菌入り青汁なら1番オススメですね!

 

>>【大正ヘルスマネージ 乳酸菌青汁】購入はこちら

次点:やわたの本青汁

大正製薬よりも乳酸菌配合量は少ないものの、価格の安さで人気なのがやわたの本青汁

 

やわた(八幡物産)も、健康食品業界では歴史・実績共に申し分なく、信頼できるメーカーです。
やわたの本青汁は単品購入でも一箱2,160円という抜群の安さですが、定期購入にすると最安値で一箱あたり1,847円になります!

 

乳酸菌配合量も150億個と、大正製薬には劣るものの十分な水準。
価格の安さを重視する方には、やわたの本青汁がオススメです!

 

>>安心の全額返金保証やわた本青汁

 

関連記事

やわたの本青汁口コミ評価!効果的な成分で胃腸を掃除しよう

大正製薬の乳酸菌青汁飲んでみた!口コミ評価

大正製薬 乳酸菌青汁

 

大正製薬の乳酸菌青汁

 

青汁マニアと言うほどではありませんが、数々の青汁を飲んできた私なりに評価してみたいと思います。

 

乳酸菌青汁の粉末

 

粉末は非常に細かく薄緑色

 

青汁の中には、茶葉かと思うくらい粒がデカイものもありますが、大正製薬の乳酸菌青汁は非常に細かいです。

 

出来上がったドリンクも、やや薄い緑色で、青汁独特の臭みもありませんね。

 

大正製薬の乳酸菌青汁の口コミ

大正製薬の乳酸菌青汁 インプレッション
溶けやすさ
美味しさ
便通改善

※あくまでも個人の感想です。効果を保証するものではありませんのでご注意ください。

 

溶けやすさは、文句なしの星5です

 

大正製薬の乳酸菌青汁は、「超微粉砕製法」という製法で、食物繊維を非常に細かい粒子に破砕しています。

 

これは素材を搾ることなくにまるごと粉砕するため、一般的な圧縮製法では搾りきれない食物繊維なども細かな粉末にし、栄養素を余すところなく青汁にすることができるという事です。

 

大正製薬の特許製法なのですね。

 

細かい粉末で、水への溶けやすさは抜群です。
プロテインより簡単に溶けます。

 

また、青汁独特の青臭さがまったくなく、舌触りが優しいので美味しさも満点に近いです。
昔の「まずい!もう1杯!」のイメージは完全が覆る青汁ですね。

 

大正製薬乳酸菌青汁の効果

 

肝心の便通改善効果ですが、こちらも悪くないと思います。

 

私の場合、カラダ作りのために普段からタンパク質を多めに取る食生活をしているので、どうしても腸内環境が悪化しやすくなります。

 

このため、青汁で乳酸菌と食物繊維を取るのが不可欠なのですが、こちらの乳酸菌青汁を飲んでいれば、まず便秘にはなりません。

 

また、大正製薬の乳酸菌青汁には、定番の大麦若葉だけでなく「キャベツ発酵エキス」が配合されています。

 

最近「乳酸発酵キャベツ」なるものが流行っているそうで、要するに乳酸菌で発酵させたキャベツの事ですね。
ドイツ語で言えば「ザワークラウト」です。

 

乳酸菌青汁,乳酸菌入り青汁,大正製薬,口コミ
キャベツには元々「キャベジン」という独自の栄養素が含まれていて、これはおなじみの胃腸薬にも配合され、胃腸の粘膜の修復を促す成分です。
キャベジンはビタミンUとも呼ばれますが、胃腸の粘膜をいたわり、更に乳酸菌と食物繊維のダブル整腸効果がありますから、

 

ガッツリお肉を食べても胃もたれしにくくなった

 

という効果もあるような気がしています。

 

なお、腸内環境の良し悪しの目安は

 

・大便の回数
・便の状態(キレが良いか)
・おならの回数・臭い

 

で判断しています。
便の回数が減り、便のキレが悪くなり、おならが増える・臭くなるというのが腸内環境悪化の兆候です。

 

タンパク質が多めの食事をしていると、すぐこういった症状が出てくるのですが、乳酸菌青汁を飲んでいると改善するので、やっぱり腸内フローラを育てる効果はしっかりあるようですね!

 

なお、腸内に住める細菌の上限数は決まっていて、善玉菌が増えるときは悪玉菌が減ります。
このため、これまで腸内環境が悪かった人が、乳酸菌青汁などを飲んで善玉菌が増えてくると、追い出された悪玉菌の死骸が便として排出されます。

 

よって、乳酸菌青汁を飲み始めた直後は、便の量がかなり増える場合があります。
これは良いことなので喜ぶべきですが、すぐにトイレに行けない環境の場合辛いこともありますのでご注意ください。

 

>>【大正ヘルスマネージ 乳酸菌青汁】購入はこちら

 

殺菌乳酸菌とは?乳酸菌は死んでいても良い!

大正製薬の乳酸菌青汁に配合されている乳酸菌は、「乳酸菌末(殺菌)」と表記されています。

 

つまり、殺菌された乳酸菌の粉末という事です。

 

近頃「生きた乳酸菌が腸まで届く!」というような宣伝文句を目にすることが多く、乳酸菌といえば生きて腸まで達する事が必要だ!というイメージがありますよね。

 

しかし、これは誤解で「乳酸菌は生きていようが死んでいようが効果は変わりません。」

 

腸内環境を改善するための乳酸菌には「プロバイオティクス(生菌)」「プレバイオティクス(死菌)」の2種類があります。

 

「プロバイオティクス(生菌)」とは、生きている乳酸菌をサプリなどに配合して腸まで届け、その菌が腸に定着することで腸内に善玉菌を増やすことを狙ったもの。
しかし、外からやってきた菌が人間の腸内に定着する可能性は非常に低く、結局はその菌も死んでしまいます。

 

「プレバイオティクス(死菌)」とは、死んだ菌をサプリや食品に配合して腸まで届け、その死骸をエサとする善玉菌を増殖させることを狙ったもの。
こちらの場合、外から菌を入れて定着させるのではなく、すでに定着している菌にエサを与えて増殖させるため、より高い効果が期待できます。

 

つまり、青汁に配合される乳酸菌も、殺菌された死んだ菌である「プレバイオティクス」こそが重要視されているわけですね。

 

東京大学名誉教授で、腸内細菌叢研究の権威でバイオジェニックスを提唱した光岡知足氏によると
「生きた乳酸菌を生きたまま腸に入れても、増殖することはありません。生きて腸に届く乳酸菌を飲んでも腸内を死んだ状態で通過するだけですから生きている必要がないともいえます。
乳酸菌の整腸効果というのは、菌の生死に関係なく菌体が免疫機能を活性化させた結果起こるもので、むしろ菌数を多く摂取することが重要です。
とのことです。
http://www.this.ne.jp/news/detail.php?nid=475

 

プレバイオティクスのメリットと効果

プロバイオティクス(生菌)に対して、プレバイオティクス(死菌)のメリットは他にもあります。

 

まず、既に死んでいるため品質が安定していて、扱いやすいということ。
このため、青汁だけでなく様々な食品に配合できるという強みがあります。

 

そして何より1番のメリットは、生菌に比べてグラム中の乳酸菌数が圧倒的に多いこと。

 

生菌では、平均して1 mg中に10億個の乳酸菌が存在しますが、殺菌乳酸菌(死菌)では、1 mg中に500億個の乳酸菌が存在すると言われています。

 

前述の通り、乳酸菌の整腸効果は菌の生き死にに関係なく、とにかく乳酸菌数を多く摂ることが重要と考えられています。

 

これを考えると、品質が安定していて価格が安く、しかも大量の乳酸菌を摂取できるプレバイオティクスの優位性が評価され、殺菌乳酸菌を配合したサプリメントや一般食品の製品が増加しているという事ですね!

 

乳酸菌青汁,乳酸菌入り青汁,大正製薬,口コミ

大正製薬の乳酸菌青汁はコスパも効果も良くてオススメ

今回の記事をまとめると…

 

・乳酸菌入り青汁は整腸効果が高い
・大正製薬の乳酸菌青汁は乳酸菌配合量が多い
・大正製薬は定期購入にすると安くてお得
・乳酸菌は死んでいる方が何かとメリットが多い

 

胃腸の調子が悪い・腸活で健康になりたい!
と考えているのであれば、まずは腸内環境の改善が必須!

 

大正製薬の乳酸菌青汁は、プレバイオティクス(死菌)を200億個も配合し、しかもライバル製品に比べてコスパも高いので、まずは青汁を始めてみたい!という方には1番オススメですよ!

 

>>【大正ヘルスマネージ 乳酸菌青汁】購入はこちら


こちらも読まれています