MENU
 

トレーニングにおける”7つの原則”とは?

筋トレ

人は様々な理由でトレーニングをするものです。

 

競技のパフォーマンスを上げたい…
次の大会で勝ちたい!

 

カッコイイ身体になりたい!
デブはもういやだ…

 

老後も健康でいたい!
膝や腰の痛みに悩まされたくない!

 

それぞれの理由で身体を鍛えることに向かうわけですが、
そうやってトレーニングする人が覚えておくべき”7つの原則”というものがあります。

 

トレーニング界では、「4つの原則」やら「5つの原則」やら、数は色々変わるんですが(笑)
この7つだけ覚えておけば間違いないでしょう。

 

トレーニング7つの原則

過負荷の原則

Overlord Principle
筋肉の力を高めるには、日常生活でかかるより強い刺激、強い負荷を課す必要があります。
日常生活と対して変わらない負荷では、強くなるはずがないのです。

 

漸進性の原則

Progressive Overlord Principle
過負荷によって筋肉の力が強くなるのに合わせて、負荷も大きくしていく必要があります。
単なる負荷の大きさだけでなく、負荷の量、負荷のかけ方なども変えていくのが有効です。
いつまでも同じ負荷で続けていては、進化は望めません。

 

継続性の原則

Continuous Principle
身体は簡単には変わりません。
筋肉の高度な発達のためには、強い意志を持って一定期間継続する必要があります。
何事も一朝一夕ではいかないのです。

 

特異性の原則

Training Speciality
トレーニングには、身体に与えた運動刺激の種類によって、その効果が異なります。
マラソン選手と同じトレーニングをしても、ハンマー投げでは活かせません。
負荷のかけ方、強度、量、速度、関節角度など、それぞれの目的に応じたトレーニング種目を選択する必要があります。

 

全面性の原則

Multilateral Principle
瞬発力、持久力、敏捷性など、すべての体力要素をバランス良く鍛えることで、相乗効果を得られます。
筋トレにおいては、下半身だけ、上半身だけ、などにならず、全身をバランス良く鍛えることが必要です。
体の中の一部だけが強くても、十分な力を発揮することは出来ません。

 

個別性の原則

Individualization Principle
年齢、性別、体力、体格、健康状態、運動経験など、それぞれの個人的な事情を考慮した上でトレーニング種目を選択することが必要です。
トレーニングジムには「筋肥大こそ正義!!」と言って聞かない困ったマッチョも結構います(笑)

 

意識性の原則

Conscioususness Principle
トレーニング理論(目的、方法、効果)についてよく理解し、常に目的意識と向上心を持ってトレーニングに向かうことが必要です。
筋トレなら「今はどこの筋肉を鍛えているのか」。ストレッチなら「今はどこの筋肉を伸ばしているのか」を意識することによって、効果が断然違ってくることはよく知られています。

 

 

以上がトレーニングの”7つの原則”です。
このうち、@〜Cは数々の実証実験で科学的にも解明されているもの。
それに対し、D〜Fは実証性を示すのが難しく、「経験的に知られているもの」と言った方が良いかもしれません。

 

トレーニングを行う人は、これらの原則を十分に理解し、自分のトレーニング目的と内容を照らし合わせて考えてみましょう!


こちらも読まれています