筋トレメニューは目的に応じて様々!

筋トレ,セット

筋力トレーニングを行う目的は、人によって様々です。

 

単にカッコイイ体になりたいのか、スポーツ競技の補強のためなのか、はたまたダイエットのためか、、

 

様々な目的、環境に応じて、行うべきトレーニングメニューは変わってきます。

 

自分の目的、環境に応じたトレーニングメニューは自分にしか作れません!
ただ、様々な先人たちの経験、知識を参考にすることは出来ます。

 

ここでは、皆さんの参考になれるような筋トレメニューをご紹介しています!


筋トレメニュー記事一覧

こちらは今現在の私の身体です。ロッカールームが暗かったので、見づらくなってしまってスミマセン(^_^;;172cm・67kgです。これが公開するのに恥ずかしい身体だとは思いませんが、「もう理想的、これで満足」というには程遠いかとは思います。ただ、理想的な細マッチョを目指すにあたってこれまで色々な試行錯誤をしてきた中で、自分の中である程度の答えが見つかったので、今回は「細マッチョを目指す筋トレメニュ...

トレーニーなら「BIG3」という言葉は絶対に知っておくべきでしょう。筋トレにおける「BIG3」とは、「スクワット」、「ベンチプレス」、「デッドリフト」の3つの種目を指します。たまに勘違いしている方がいますが、BIG3とは特定の筋肉を指す言葉ではなく、上記の3つの種目を指す言葉です。単に太もも、胸、背中を鍛えようということではないで注意しましょう。はっきり言って、この3種目さえやっていれば、全身をバ...

筋肥大を目指す筋トレを行う場合、最も効率的な方法はバーベルなどを用いた高負荷トレーニングです。これは世界中で数十年に及ぶ実証実験の結果として導かれた結論であり、世界中のアスリートが高負荷トレーニングを取り入れています。しかし、日本ではバーベルを使えるジムが少なかったり、あっても混んでいたり、自宅にバーベルを設置するのが難しかったりと、誰もが高負荷トレーニングを取り入れられる環境ではありません。そん...

よし!身体を鍛えよう!とは思うものの、人にはそれぞれ事情があります。ジムに通ってトレーニングに打ち込む人もいれば、自宅で黙々と筋トレするのが向いている人もいますよね。特に学生さんなどは、ジムに通うお金もないため自宅での自重トレーニングに励んでいる人も多いハズ。また、社会人であっても自宅や職場の近くにジムがなかったり、仕事が忙しくて通えなかったりと、ジムに通えない事情は様々。このため、自宅での自重ト...

全身をバランス良く、効率よく鍛えたい場合、ダンベルなどのフリーウエイトは非常に有効です。マシンと違い、完全に自分の力だけでウェイトをコントロールしなくてはいけないため、主働筋以外の細かい筋肉も動員され、全身を連動させるトレーニングにもなります。特にダンベルは、宅トレ派の方でも導入しやすく手軽に行えるのが最大のメリット。高重量のダンベルとベンチがあれば、バーベルに負けず劣らずの高密度なトレーニングが...

筋トレの三本柱は「運動・栄養・休養」です。特に筋トレというのは、筋繊維を激しく損傷させるトレーニングであるため、一度トレーニングした部位はしっかり休ませなければいけません。その休んでいる間にこそ、筋肉は成長していくのです。しかし、出来るだけ早く身体を作り上げたいトレーニーにとって、一回筋トレするごとに何日も休んでいるのは時間の無駄。そこで、ひとつの部位を休ませている間に別の部位を鍛えるという、分割...

「筋トレは毎日やってはいけない」なんて聞いたことがあると思いますが、それは「適切に休養を取らなくてはいけない」という意味。筋トレで一度酷使した筋肉は、十分に回復するまでしっかり休ませなければいけません。しかし、なるべく早く理想の体になりたいと思った時、一回筋トレするごとにいちいち休んでいては効率が上がりません。そこで、「一つの部位を休ませている間に他の部位を鍛える」という、分割法を取り入れれば、鍛...

中学時代は、男なら誰もが強い体に憧れるもの自宅で筋トレに励んだ経験は誰にでもあるはずです。しかし、筋トレも正しい知識を持って行わなければ、思うような効果は得られないもの。特に成長期の中学生は、身体を痛めないように注意する必要があります。今回は、中学生が行うべき筋トレメニューについてご紹介します!中学生の筋トレの注意点高重量は避ける成長期の子どもは大人に比べて関節や腱などが未発達であるため、あまりに...

40代からでも細マッチョを目指したい!西島秀俊やGACKT、稲葉浩志など、40を超えた”オッサン”でも若々しい肉体美を保っている方は多いですよね。そんな彼らに触発されてか、最近は40代以降の男性にも筋トレブームが来ているようです。生活習慣病の予防のために…人生初のシックスパックを目指したい…今回は、40代から細マッチョを目指す方法をご紹介します!【目次】■40代の身体の特徴■運動は有酸素運動よりも...

ジムに通って筋トレしよう!そう決意してジムに通いだしたは良いもの、たくさんあるマシンのうちどれをやればいいのー?こんな風に思う女性も多いのでは無いでしょうか?トレーナーさんがメニューを組んでくれれば良いですが、みんながそうも行きませんよね。今回は、初心者の女性にオススメのジムでの筋トレメニューをご紹介します!女性のジム筋トレメニュー・15回3セット 休憩1分筋トレは10回セットと聞いたことがあるか...

お尻と太ももの境目が無い!女性に多いこの悩み。色気のカケラも無いダラシない身体。。。後ろ姿は老けてみえ、挙げ句太ももにはくっきりとセルライト。ピンと上を向いたおしり!引き締まった太もも!お尻と太ももの境目がはっきりした、セクシーヒップになりたい!そう考える女性は多いですよね。こんなお尻になりたい!今回は、太ももとお尻の境目をつくる方法をご紹介します!兎にも角にも、まず”姿勢”お尻が垂れ下がり、太も...

サルコペニア予防のために筋肉を鍛えよう!そう思ってジムに行っても、たくさんあるマシンの中で何からやればいいかわからない…こういう人って意外と多いんですよね。専門のトレーナーさんに指導してもらえれば良いですが、パーソナルトレーニングはまたお金がかかるし…この記事では、40代・50代・60代以降の方が、サルコペニア予防のためにジムで筋トレを始めるにあたって、優先して行うべきマシンを紹介します!サルコペ...

トレーニングをはじめるとき、将来的に到達したい憧れの姿はどのようなものでしょうか?分厚い胸板?割れた腹筋?それと同じくらい欠かせない要素が、太い二の腕では無いでしょうか。Tシャツの裾がパンパンになるほどの極太の腕腕まくりをした時に注目を集める引き締まった腕どちらにしても簡単には手に入らないものだからこそ、憧れも大きいですよね。腕のトレーニングは誰もが行いますが、本当に効果的に・効率的に鍛えられてい...

エドワード加藤といえば、2016オールジャパンメンズフィジーク40歳以下176cm級で優勝した、今注目のフィジーク選手です。ルックスのイケメンさもさることながら、その凄まじい”肩”のバルクがネットでも話題になっていますよね。月刊『IRONMAN』の17年8月号に、そのエドワード加藤選手の肩トレメニューが掲載されていました。あの肩をどのように手に入れたのか?参考にしてみましょう!エドワード加藤の肩ワ...

クリスティアーノ・ロナウドといえば、世界で最も有名なサッカー選手のひとりです。華麗なドリブルとボールさばき、強烈なシュート、驚愕のジャンプ力…サッカー選手としてのスキルもさることながら、その肉体美にも注目が集まっていますよね。男なら誰しも「あんな身体になりたい…」と思うものでは無いでしょうか?ロナウドは一体どんなトレーニングをして、あんな身体を作り上げているのでしょう?http://www.bor...

世界最高峰の下着ブランド・ヴィクトリアシークレットそのモデル達は「ヴィクシーエンジェル」と呼ばれ、世界で最も厳しいオーディションを勝ち抜いたスーパーモデルたちです。ミランダ・カー、キム・カーダシアンなど、そうそうたるメンバーを輩出したヴィクシーエンジェルですが、そのプロポーションのポイントは、何と言ってもお尻!実際にヴィクシーエンジェルのトレーナーを務めたコーチによるおしりトレーニングを真似してみ...

世界最高峰の下着ブランドである「ヴィクトリアシークレット」そんなヴィクトリアシークレットの看板を務めるヴィクシーモデル達は、非常に厳しいオーディションを勝ち抜いた正真正銘のトップモデル達です。「女性にとっての憧れ」を基準に選ばれるヴィクシーモデル達のスタイルは、まさに全ての女性の憧れですよね。今回は、ヴィクシーモデル達が行っているワークアウトメニューについてご紹介します!厳しすぎ!?ヴィクシーモデ...

人気モデルの「ゆんころ」こと小原優花さん最近、筋トレにハマり中のようで、その美しい筋肉が話題になっていますよね。サマースタイルアワードなどのフィットネス大会でも優勝するなど、「きれいな筋肉」が女性のあこがれとなっています。そんなゆんころさんのような筋肉を付けるにはどうしたら良いのか?ご本人のメニューを参考にしてみましょう!ゆんころの筋トレメニュー 下半身の筋肉を鍛えるゆんころさん本人のYoutub...