割れた腹筋を手に入れろ!

筋トレ

6つに割れた腹筋は男子の憧れですよね。

 

女性でも最近は「腹筋女子」なんて言葉が流行るほど、腹筋のトレーニングは人気になっています。

 

理想の腹筋を手に入れるトレーニング法と、怪我をしないための注意点を確認しましょう!


腹筋のトレーニング種目記事一覧

腹筋、体幹、インナーマッスル…ダイエットやフィットネスの話題では必ず聞かれる言葉です。引き締まった腹筋は見た目もかっこ良く、「太っていない」ことの何よりの証明でもあります。男性なら迫力あるシックスパック。女性なら綺麗な縦線の入った引き締まったお腹に誰もが憧れています。しかし、残念ながらほとんどの人が腹筋の正しい鍛え方を知らずにいます。効率の悪いトレーニングに必死になって、大して成果が上がらないこと...

誰もが憧れる引き締まった腹筋。それを手に入れるためにはやはり腹筋のトレーニングが不可欠です。一部だけでなく、お腹周りすべての筋肉を鍛えることで、強くかっこいい腹筋を手に入れることができます。よく「腹筋はもともと割れてるから痩せれば誰でも割れる」という意見もありますが、やはりある程度は筋肥大していないと、迫力あるシックスパックや女性の美しいラインは生まれません。前回は、巷で広まっている”腹筋トレーニ...

下腹部のポッコリを引っ込めたい!引き締まった割れた腹筋が欲しい!こんな動機で腹筋のトレーニングを始める人は非常に多いですよね。腹筋のトレーニングといえば、伝統的なシットアップやレッグレイズが有名でしたが、最近では腕立て伏せのような姿勢でひたすら耐える”プランク”が流行ってきています。女性の間では「30日間プランクチャレンジ」なんて言うイベントも流行ったとか。今回は、プランクのフォームと効果について...

綺麗に割れた腹筋のシックスパックは、男の憧れですよね。腹筋を鍛え抜くトレーニングをお探しなら、ハンギングレッグレイズは外せません。ぶら下がった状態から足を振り上げるというパワフルなトレーニングで、腹筋全体を強く鍛えることが出来ます。今回は、ハンギングレッグレイズの効果とコツについてご紹介します!種目名ハンギングレッグレイズ分類コンパウンド主働筋腹筋群全体必要な道具鉄棒、懸垂台などハンギングレッグレ...

割れた腹筋を目指すべく、腹筋運動に取り組む人は多いですよね。日本では「上体起こし」と呼ばれる腹筋運動ですが、英語では「Sit-up」と「Crunch」の2種類があることをご存知ですか?日本でも「シットアップ」と「クランチ」という言葉は徐々に浸透してきたように思いますが、その2つってどう違うんでしょうか?今回は、シットアップとクランチのフォームと効果の違いについてご紹介します!シットアップは”最後ま...

ぽっこり膨らんだ下っ腹…いくら腹筋をやっても、なかなか下っ腹に効いてこない…そんな場合は、レッグレイズをメニュー取り入れてみましょう!腹筋の筋トレとして有名なレッグレイズですが、特に腹直筋の下部に効果が高いと言われています。今回は、レッグレイズの正しいフォームと効果についてご紹介します!種目名レッグレイズ分類アイソレーション主働筋腹直筋、外腹斜筋など必要な道具なし(フラットベンチがあれば便利)レッ...

ロシアンツイストは、腹筋で身体を起こしながら上体をひねっていくトレーニングです。体幹の「回旋」という、スポーツにおいて極めて重要な動作に負荷をかけて鍛えるトレーニングであるため、体幹の回旋が多いスポーツではぜひ取り入れたいトレーニング。その他にも、脇腹の引き締めなどの効果も期待できます。今回は、ロシアンツイストのフォームと効果についてご紹介します!種目名ロシアンツイスト分類アイソレーション主働筋腹...

アブドミナルクランチは、腹筋を鍛える定番のトレーニングマシンです。腹筋は意識して鍛えないと衰えやすく、姿勢の悪化や腰痛の原因となります。それに、引き締まって6つに割れた腹筋は、男なら誰でも憧れますよね!アブドミナルクランチはメーカーによって様々な形状がありますが、押さえておくべきコツは共通しています。今回は、アブドミナルクランチの使い方のコツについてご紹介します!種目名アブドミナルクランチ分類アイ...

「使える筋肉・使えない筋肉」日本のフィットネス業界に根強く広まったこの考え方。筋肉は筋肉であって、使えるも使えないも無いはずですが、どうしてこんな言葉があるのでしょうか?ひとつヒントになるのは、アメリカのある有名コーチの次の言葉です。「使えない筋肉など無い。使えないのは人間の方だ。」筋肉は筋肉。収縮することで力を発揮する器官であって、それ以上でも以下でもありません。全身にあるたくさんの筋肉を動かし...

”体幹”という言葉が日本でも流行り始めて久しいですが、現在までに数え切れないほどの「体幹トレーニング」の種目が紹介されています。そもそも体幹とは何かと言うと「頭部と四肢を除いた胴体」の部分のこと。体幹の筋肉というのは、この胴体に位置する筋肉のこと。つまり、広い意味で言えば大胸筋や広背筋さえも「体幹」と言って良いことになります。しかし、一般的に広まっているニュアンスで言えば、やはり体幹とは「腰・腹回...

キレイに割れたシックスパックの腹筋には、誰もが憧れています。同性にも異性にもアピールでき、社会的評価が上がることだってあります。シックスパックは「カッコよさ」の象徴と言っても良いかも知れません。というわけで、早速シックスパックを手に入れるための筋トレを始めようと思いますが、定番のトレーニングである「フッキン」を何百回もやるのはナンセンスです。腹部・体幹には数多くの筋肉が重なり合って配置されており、...

ドラゴンフラッグとは、映画『ロッキー4』でシルベスター・スタローンが行っていたことで有名になったトレーニングです。スタローンだけでなく、かのブルース・リーも腹筋トレーニングとして行っていたと言われており、腹筋の自重トレーニングとしては最強レベルの強度であることは間違いありません。一方で、そのあまりの強度の高さのため「できない」という人も多数。今回は、そのドラゴンフラッグのやり方と効果を確認し、初心...

腹筋ローラーは、宅トレの定番アイテム。コスパが非常に良い筋トレグッズとして大人気ですが、その難易度は意外と上級者向けです。特に、立って行う「立ちコロ」ができる人は多くなく、「全然出来ない」、「腰を壊した」という声も多数。今回は、立ちコロが出来ない初心者や女性が出来るようになるまでのレベル別のやり方をご紹介します!腹筋ローラーレベル別トレーニングのやり方腹筋ローラーのやり方(1分44秒)一番初心者向...

バランスボールは、自宅で気軽にエクササイズやストレッチが出来る優れもの。「デカイ」という唯一にして最大のデメリットに目をつぶれば、日常生活をしながらでも身体に刺激を与え、体幹を鍛えることもできます。デスクで仕事をするときも、いつもの椅子をバランスボールに変えるだけで運動不足の解消にはもってこい。また、高齢の方であっても、バランスボールで身体をほぐすことで、ロコモティブシンドロームの予防に役立つと考...

腹筋をバキバキにしたい!と思ってトレーニングに励んだ経験は誰にもあるはず。しかし、ジムにも通えず、自宅でお金をかけずに出来る方法は限られています。そんな中でも、効果的に腹筋を鍛えられるトレーニング6種目を紹介します!自宅で出来る腹筋トレーニング6種目1.シットアップ(腹筋全体)20回×3セット最も基本的な「フッキン」腹筋群の上部から下部までを全体的に鍛える。・仰向けに寝たらヒザをたて、脚を押さえて...

腹筋といえば、中央部のシックスパックばかりが注目されますよね。しかし、女性へのアンケートでも「魅力的に感じる男性の筋肉」で、シックスパックな腹筋はそこまで人気ではありません。シックスパックを作っているのは、胴体中央部にある腹直筋。体幹の安定を保つためにはとても重要な筋肉ですが、魅力的な腹筋を作るには腹直筋を鍛えるだけでは足りません。むしろ重要なのが、腹直筋の両端に位置する脇腹の”腹斜筋”腹斜筋は表...

ドローインは、腹筋の深層部にある腹横筋を刺激するエクササイズです。お腹を凹ます影の主役とも言える腹横筋を鍛えることで、筋力低下によるポッコリお腹をへこませる効果もあります。いつでもどこでも行えるのもポイント今回は、ドローインについてご紹介します!ドローインは姿勢の基本!ドローインは、元々は腰回りに腰痛などの問題がある人に対して、理学療法の現場で行われていたエクササイズです。ドローインで主に使われる...