ドローインで腹は凹む!普段から意識して取り入れよう!

ドローイン

ドローインは、腹筋の深層部にある腹横筋を刺激するエクササイズです。

 

お腹を凹ます影の主役とも言える腹横筋を鍛えることで、筋力低下によるポッコリお腹をへこませる効果もあります。

 

いつでもどこでも行えるのもポイント

 

今回は、ドローインについてご紹介します!

 

ドローインは姿勢の基本!

ドローインは、元々は腰回りに腰痛などの問題がある人に対して、理学療法の現場で行われていたエクササイズです。

 

ドローインで主に使われる腹横筋は、コルセットのようにお腹を引き締めて腹圧を上げることで、体幹を固定する筋肉。
この筋肉を常に働かせることで、内臓をしっかりと支え、背骨の姿勢を安定させることでポッコリお腹、猫背などの解消に繋がります。

 

また、常に筋肉が活発に働いているということは、消費カロリーが増えるということでもあり、ダイエットにも有効な運動となります。

 

ドローインは「運動」というよりは「習慣」と言った方がよく、特に時間をとらなくても通勤中、家事中、寝ながら、座りながらでも行うことが出来ます。

 

日常生活の中でも思い立った時にやっていくのがポイントです。

 

ドローインのやり方

背筋をまっすぐ伸ばして立つ
思い切り息を吸い込んでお腹を凹ませる
腹筋に力を入れながら息を吐ききる

 

腹筋を収縮させることを意識しながら、息を吐ききるとインナーマッスルにまで刺激が入っている感覚がわかると思います。
これら腹横筋、大腰筋、腹斜筋などはドローインで簡単に動かすことが出来、腹圧をコントロールすることはトレーニングを続ける上でも重要です。

 

また、普段からポッコリお腹が気になっている方でも、この状態をできるだけ長く保つことで、腹筋のインナーマッスルには大きな効果があります。

 

太った腹回りを解消するには、普段から腹を凹ます動作をする!

 

まさにダイレクトでわかりやすい、ドローインは生活の基本にもなるエクササイズなんです。

 

 

 

関連記事

安い国産プロテイン!コスパの高い・味の美味しい『FIXIT』がオススメ

 


こちらも読まれています