ハックスクワットで大腿四頭筋を鍛えよう。やり方と注意点など

ハックスクワット

ハックスクワットは、筋トレマシンの中ではレアな部類。
置いてあるジムは多くありませんが、ハックスクワットを設置しているジムは「わかっている」と言えるでしょう。

 

レッグプレスとも違う、スミスマシンとも違うハックスクワットならではの効果を求めて、特に大腿四頭筋を鍛えたいトレーニーが集まってきます。

 

鍛えた挙げられた大腿四頭筋を作るために、レッグエクステンションやいつものスクワットでは物足りなくなった方は、ぜひハックスクワットに挑戦してください。

 

今回は、ハックスクワットの効果とやり方について紹介します!

ハックスクワットのやり方

ハックスクワット
ハックスクワットはマシントレーニングなので、やり方についてはマシンの説明書きを読んだほうが早いかもしれません。

 

大抵は斜めに角度が付いたマシンに背中を預けて、肩をパッドに固定。
つま先が少し先を向いた状態で、肩幅が中程度の姿勢でプラットフォームに足を置きます。
この際、後頭部は常にマシンに預けて、目線は上を向いたままにします。

 

マシンのサイドハンドルを両手でしっかり握り、安全バーを外したら準備完了
最初はごく軽めの重量で動作確認をしてください。

 

ハックスクワットの効果

ハックスクワットの効果としては、マシンを使って大腿四頭筋を重点的に鍛えることができます。

 

大腿四頭筋を鍛えるマシンといえばレッグエクステンションがありますが、レッグエクステンションは膝しか動かないアイソレーション種目であるため重量を増やせません。
レッグプレスでも大腿四頭筋は鍛えられますが、レッグプレスはやはり大殿筋やハムがメイン。

 

スミスマシンを使ったスクワットでハックスクワットに似たような事はできますが、これもちょっと無理があります。

 

ハックスクワットは、斜めになったマシンに背中を完全に預けることで身体を安定させ、股関節と膝関節が動くコンパウンド種目であるため、重量をかなり増やせます。
バーベルスクワットやレッグプレスでしっかり脚を疲労させたあと、最後の仕上げのハックスクワットは大腿四頭筋に強烈な刺激をもたらしてくれます。

 

ハックスクワット

ハックスクワットのフォームの注意点

膝をロックしない

ハックスクワットでは、トップポジションで膝をロックしない、つまり伸ばしきらないことがポイントです。
膝を完全に伸ばしきってしまうと、関節で負荷を支える形になり筋肉から負荷が抜けてしまいます。
また、膝関節への負担が大きく、痛めることにも繋がります。

 

ハムストリングスを鍛えるときは足の位置を高く

ハックスクワットでハムストリングスや大殿筋をメインに鍛えるときは、足の位置を高く置きます。
プラットフォームの上側に足を置くと、股関節の可動域が広くなって大殿筋などに効きやすくなります。
ただし、これはレッグプレスなどでも簡単にできるためハックスクワットのメリットではありません。
ハックスクワットは、やはり大腿四頭筋メインが基本だと思います。

 

大腿四頭筋を鍛えるときは足の位置を低く

ハックスクワットで大腿四頭筋をメインに鍛えたい場合、足の位置は低く置きます。
足を置く位置がプラットフォームの下側であるほど、股関節の可動域が狭くなり膝関節メインの動きになるため、大腿四頭筋のトレーニング効果が高くなります。

 

足を下に置くのはハックスクワットならではの効果ですが、膝関節への負荷が非常に大きいトレーニングでもあるので、重量は決して無理をしないでください。
自信があるならつま先立ちになるほど下げても良いですが、膝を守るのは自己責任です。

ジュリアン・スミスのハックスクワット
これは相当上級者向けです。

この投稿をInstagramで見る

Bring on the knee comments in 3.. 2.. 1.. ?? - Are you following the Daily Pump? This exercise is part of the workout that I'll be posting tomorrow on the site. Link in bio - Plays hack squats transitioning into sissy squats- Time under tension 4 second second negatives on the plate hacks then pushing hips forward/off the sled for another 2 second negatives into the sissy squat portion! - As you start pressing up, push onto the outer part of the foot. This transfers tension more to the outer sweep! - Disclaimer ?? This is a more advanced exercise. If you have knee problems, limited mobility, or any pre-existing injuries, I would advise skipping this one or using an alternative exercise. There are plenty of ways to work these muscles!! Find one that works for you. If I asked you to do the splits right now, without training for it, it would most likely hurt you. But you don't tell a gymnast who does it daily that it's bad for them! ?? - Give this exercise a shot! Tag me in your story if you do. Might wind up on my IG ?? - #igfitness #fitnessfreak #fitnessgoals #goals #fitlifestyle #portland #igfitfam #eatclean #staypositive #positive #dream #gainz #fitness #dreambig #healthyliving #workout #muscles #flex #body #workhard #mylife #exercise #settinggoals #legs #legday

JULIAN MICHAEL SMITH(@smith.julian)がシェアした投稿 -

 

ハックスクワットで力強い脚を手に入れろ

ハックスクワットは、よく見ると自重トレーニングの「シシースクワット」のフォームにも似ています。
シシースクワット

 

シシースクワットは極めて不安定な体勢で大腿四頭筋だけでなく体幹の筋力も必要とするのに対し、ハックスクワットはマシンに身体を預けて安定させることで、高重量をかけることを可能にします。
どちらが優れているかという話ではなく、目的に応じた選択です。

 

確実に言えることは、どちらも大腿四頭筋を強烈に鍛えるのにうってつけだと言うこと。

 

今までの脚のトレーニングにハックスクワットを取り入れて、さらに力強い脚を手に入れましょう!


こちらも読まれています