BDNFとは

 

運動で頭が良くなる?BDNFとは?その効果!

BDNF

運動がストレス解消や気分転換に有効なことはよく知られていますが、その原理は解明されていませんでした。

 

最近では、そのメカニズムの解明が進むとともに、運動によって「頭が良くなる」という効果まで発見されています。

 

そのカギを握るのが、脳内の「BDNF」という物質

 

今回は、頭が良くなる「BDNF」についてご紹介します!

 

BDNFとは

BDNFとは、「脳由来神経栄養因子(Brain-derived neurotrophic factor)」と呼ばれ、神経細胞の発生や成長、維持、修復に働き、さらに学習や記憶、情動、摂食、糖代謝などにおいても重要な働きをする分泌タンパク質です。

 

脳の神経細胞といえば「ニューロン」が有名です。
かつては、ニューロンの数は生まれた時に決まっていて、歳を重ねるごとに減る一方で、増えることはないと考えられてきましたが、研究の結果、ニューロンの数は後天的にも増えることが明らかになっています。

 

そのニューロンなどの神経細胞を増やすにあたって、非常に重要な役割を果たしてるのが、BDNFなのです。

 

BDNFの主な働き

記憶・学習の促進

人体で、BDNFが最も多く存在しているのは、脳の海馬です。
海馬は、記憶形成の場所として知られており、BDNFは記憶、学習能力に大きく関わっていると言われています。

 

認知症やアルツハイマー病の患者では、海馬内のBDNFが有意に減少していることが確認されています。

 

摂食

動物実験で、BDNFが生まれつき少ないマウスは、明らかな過食と体重増加が観察されています。
このマウスにBDNFを投与することで、摂食異常の改善が見られたことから、BDNFは過剰な食欲の抑制、体重コントロールにも働いていると考えられています。

 

エネルギー代謝

BDNFは膵臓や副腎にも多く存在しており、これらの場所ではインスリン濃度を増加させてエネルギー代謝に関わっていると言われています。
肥満糖尿病のマウスにBDNFを投与することで、エネルギー代謝が進み、症状が改善したとの報告もあります。

 

また、脂肪を燃焼する働きのある褐色脂肪細胞の発現を高めるという実験結果もあります。
http://catalog.lib.kyushu-u.ac.jp/handle/2324/13951/p049.pdf

 

BDNFを増やす方法

学習、記憶だけでなく、摂食やエネルギー代謝にも大きな働きをしているBDNFですが、そのBDNFを増やす方法はなんでしょうか?

 

『脳を鍛えるには運動しかない!』(NHK出版)の著者、ハーバード大学医学部のジョン・J・レイティ博士によると、BDNFを増やすのに最も有効な方法は「運動」です。

 

多くの研究で、有酸素運動によって記憶をつかさどる海馬が大きくなることがわかっています。
さらに、アメリカの実験では、体力調査での成績が高い子供ほど、学業成績も優秀な傾向があることが確認されています。

 

では、どんな運動がBDNF増加に効果的なのでしょうか?

とにかく運動を楽しめ!

レイティ教授によれば、BDNFを増加させるには、一定時間心拍数を高めに保つような、有酸素運動が効果的です。
しかし、それ以上に重要なのは、とにかく「運動を楽しむ」ことです。

 

子どもたちの場合は、本人が好きで楽しいと感じることをやらせてください。かけっこ、ボール遊び、ダンスや体操など、なんでも構いません。

毎日、運動させるのはとても大変なことですから、無理をしないことが大切です。
チームスポーツの場合、運動に苦手意識を持っている子は、体を動かしにくい。
ですから、頭を良くする運動の観点からは、競争や勝負を排除したほうが良いというのが、私の考えなのです。(レイティ教授)

 

ジョギングだろうが、ダンスだろうが、筋トレだろうが、運動をすれば必ず心拍数が上がります。
その運動を「楽しめているか」が一番大事なんだそうです。

 

本来は、筋トレに競争の概念は無いはずですが、やたらと重量を競ったり、他人と比べて一喜一憂する人っていますよね。
「頭を良くする運動」という観点からも、そうした姿勢は良くないと言えそうです。

 

長期間継続する

運動によってBDNFが増えることは明らかですが、たまに運動する体ではダメです。
少なくとも2週間以上、長期的に運動を継続することによって、BDNFが有意に増えることが確認されています。
思いつきで運動するだけではなく、それを”習慣”にすることが大切なんですね。

 

BDNF

運動にはメリットだらけ!

生活習慣病の予防、スタイルアップ、ストレス解消、、、

 

運動には数え切れないほどのメリットがありますが、その中に「頭が良くなる」というメリットがまた一つ加わってしまいました。

 

運動のモチベーションを上げる方法には様々あると思いますが、こうした科学的知見を集めていくというのも、ひとつの方法ですね。
事実、私はこの本を読んでいる途中にも、今すぐジムに行きたい衝動にかられました(笑)

 

運動についての知識を深めたい方には、レイティ教授の本はオススメの一冊です。

 

BDNF BDNF

 


こちらも読まれています