筋トレとは「継続」と「積み重ね」である!腕立て伏せ10万回やった男

筋トレ

腕立て伏せ10万回
腹筋5万回

 

これだけみると、とてつもないハードトレーニングのようですよね。
本当にそんな事が出来る人間がいるのか?と思ってしまいます。

 

しかし、彼にとってはそれほど大変なことでは無かったようです。

 

起業家や投資家たちを取材したコラムを数多く執筆しているJeff Haden氏。

 

多くの成功者を取材していて気づいた共通点「とにかく毎日コツコツと積み上げる」事を真似してみようと思い、ある日ふと「とりあえず腕立て伏せ10万回・腹筋5万回をやってみよう」と思い立ったそうです。
その時の心境がInc.のコラムに綴られています。

 

これだけ見ればとてつもない数字で、どんなに頑張っても1日で達成できる数ではありません。
しかし、冷静に計算してみればそこまで大変では無いことがわかります。

 

100,000/365≒274
50,000/365≒137

 

10万回というとてつもない数字でも、365日で分割すれば274回。
これでも多いと思いますが、730日で分割すれば137回です。

 

まだまだ多いですが、不可能という程ではなくなります。
とにかく毎日コツコツと積み上げていけば、確実に残りの回数は減っていくのです。

 

ジェフは、このトレーニング中の心境の変化を次のように述べています。

続けていくうちに、筋力がついてきて、みるみるできるようになっていく自分が分かった。

最初は1日のノルマをこなすのに30分以上かかっていたのが、1年後には15分、しかもそれほど休まなくても続けてできるくらいになっていたのだ。
なんでも、上達するのは楽しいものだ。
僕がこの挑戦から学んだことは、大きなゴールを達成するために大切なことは、この「楽しさに気づく」ということだ。

 

これこそが、筋トレを続ける最も大きなモチベーションでは無いでしょうか?
「ダイエットのため…」
「モテたいから…」
「生活習慣病を予防したいから…」

 

トレーニングを始める理由は人それぞれで多種多様でしょう。

 

しかし、そもそも筋トレは楽しいのです。

 

楽しいことを続けるのに何の理由がいるのでしょうか?
楽しいから続けている、これこそが最高なのです。

 

ヒョロガリからマッチョ親父になった長渕剛

「継続と積み重ね」という意味で、もう一人紹介したいのは歌手の長渕剛です。

 

今の姿からはおよそ想像がつきませんが、長渕剛のデビュー当時は優男風のヒョロガリでした。
筋トレ

 

この優男が筋トレに目覚めたキッカケは、やはりステージパフォーマンスをこなすためでした。

6枚目のアルバム『HUNGRY』のツアーで屈辱的なことがあった。

全国40本のうち20本しかできなかった。
体調を崩して倒れ、前半は点滴を打って乗り切った。
しかし、ツアーを折り返す武道館公演の後、医者に止められた。
はっきりと思った。身体を作り直そう、と」
http://goethe.nikkei.co.jp/human/101228/index.html

 

ガリガリのまま40代になった人間にとって、そこから筋肉をつけるのは大変なことです。
当然、並々ならぬ努力があったことでしょう。

 

このインタビューで、長渕は「ベンチプレス100kgを上げるのに8年かかった」と語っています。

 

ベンチプレス100kgは確かにすごい事です。
しかし、10代の高校球児なら1年
20代でもスポーツマンなら2年もあれば上がる重量です。

 

100kg上げるのに8年もかかるのは、ハッキリ言って「才能なし」と言わざるを得ません。

 

しかし、才能のない人でも、8年間諦めずにコツコツと積み重ねれば、上げられるようになるのです。
これが筋トレの魅力です。

 

筋肉は裏切りません。
筋トレの努力は決して裏切りません。

 

なぜなら、筋トレには試合が無いからです。

 

野球ならば、どんなに努力しても相手が強ければ負けます。
しかし、筋トレに負けはありません。

 

唯一の負けは、自分自身が諦めてしまうことです。

 

自分が諦めなければ、筋トレで絶対に負けは無いのです。

筋トレ

 

先程のジェフの言葉を、もう一つ紹介します。

 

いつだって、ゴールは遠いものだ。

目標は高いほうがいいけれど、現実との開きがありすぎると、必ずどこかで気持ちが萎えてしまう。
でも一歩ずつ確実に進んでいるという実感があれば、どんなに遠くても「いずれはたどり着く」という希望が持てるものだ。

 

大切なのは、毎日続けること。
毎日の成功が、積み重なり、やがて大きなものとなる。
それは、目に見える成果として以上に、何ものにも代えがたい自信とモチベーションになる。

 

まずは、小さなものからで構わない。毎日の目標を決めて、達成するようにしてみよう。
10万回の腕立て伏せと5万回の腹筋みたいな、一見バカバカしく思えることだって、やり遂げたあとはすごく大きな自信になったから。


こちらも読まれています