「Training」と「Workout」ってどう違うの?意味は?

筋トレ

近年、フィットネスブームに乗ってジムに通う人も増えているようですね。

 

日頃の運動習慣は、健康のためにも美容のためにも重要なこと。
運動する人が増えるのは、社会保障負担に圧迫される我が国にとって非常に「良いこと」と言えます。

 

ところで、最近ジムに通って運動することを「ワークアウト」と言う呼び方が流行っていますよね。

 

インスタグラムでも「#Workout」と検索すると、おしゃれなウェアで着飾ったトレーニー達の写真がわんさか出てきます。

 

ワークアウトってどういう意味?
トレーニングとは違うの?

 

今回は、そんなワークアウトの意味についてご紹介します!

 

英語でのTraining

そもそもアメリカなどの英語圏では、ジムに通って筋トレすることを「トレーニング」とはあまり言いません。

 

英語における「Training」とは、「訓練,教練; 養成,練習; 鍛練; 調教(weblio英和辞典)」といった意味で、どちらかというと「やらされる訓練」というニュアンスが強いです。

 

軍隊の訓練、犬の調教、教育指導など「誰かをTrainingする」という意味で使うことが多く、「自分の身体をTrainingする」という使い方はしないようです。
自分の意志でジムに通って鍛えている人たちにとっては「Training」は好かれない言葉のようですね。

 

英語でのWorkoutの意味

では、英語圏では筋トレの事をなんというのか?
それが「Workout」です。

 

Work(仕事)Out(外す)と考えるとちょっと意味がわかりませんが、「Workout」という単語には「〈問題が〉解ける; 〈合計が〉出る、〈計画などが〉(うまく)いく; 結局(…と)なる..」という意味があるようです(weblio英和辞典)

 

ちなみに、グーグル翻訳で「Workout」と入力すると「いい結果になる」と出ます。

 

つまり、自分の意志で体を鍛え、それによって体型の悩みが解決する、理想の体型に近づけるなどの意味を持って「Workout」という言葉が好まれているようです。

 

自分の意志で「Workout」しよう!

英語における「Training」と「Workout」の違いを理解できれば、自分の意志でジムに通い身体を鍛えているトレーニーたちが「Workout」という言葉を使うのもうなずけますね。
「Training」をやらされてるんじゃない!自分で自分の未来を良くするために「Workout」してるんだ!
ジム通いのモチベーションを保つためには、こういう考え方が重要なのかも知れません。

 

ちなみに、このサイトでは引き続き「トレーニング」という言葉を使っていこうと思います。
なぜなら、いまさら変えるのがめんどくさいからです!!(笑)

 

ここは日本です。日本人に意味が通じればそれでいいのです!!


こちらも読まれています