EMSの副作用とは?筋トレ効果以上に予想外のリスクがある?

EMS,副作用,シックスパッド

最近流行りの筋トレグッズ”EMS”

 

電気信号によって筋肉を強制的に収縮させて鍛えるというグッズで、かなり売れているみたいですね。

 

実際に使って見るにあたって、注意点などはあるのでしょうか?
実のところ、EMSには予想外のリスクがあるようです。

 

今回は、EMSの副作用について、そして副作用の対策がされたオススメのEMSマシンをご紹介します!

 

なお、EMSの中でも有名な「SIXPAD」を実際に使用してみたレビューの方は、シックスパッドのダイエット効果体験記の方をご覧ください。

 

消費者庁によるEMSの副作用調査

EMSといえば、クリスティアーノ・ロナウドのCMでおなじみの「シックスパッド」
杉村太蔵がCMしている「スレンダートーン」、この2つが最近のブームの火付け役のようですが、EMSによるトレーニング自体の歴史は案外古く、10年以上前から類似の商品が発売されています。

 

その当時のEMS機器に副作用はなかったのか?

 

実は、平成14年に消費者庁国民生活センターがEMSの副作用についての調査を行っています。

電気刺激による筋肉増強をうたった商品の安全性
−EMSベルトの筋肉や皮膚への影響を調べる−
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20020924.pdf

 

この調査結果を参考に、EMSの効果と副作用についてまとめてみます。

 

EMSの懸念される副作用リスク

EMSの副作用とは

やけど、発疹、水ぶくれなどの皮膚障害

当時消費者庁に寄せられたクレームで最も多かったのが、やけどや水ぶくれなどの皮膚障害だったようです。

 

危害の内容は、「複数箇所に5mm の水ぶくれ」「11 箇所に発赤」「小豆大のやけど」「5 円玉くらいの赤い炎症」「赤い斑点」「丸い跡」「数箇所の電極の箇所がかぶれた」、などのやけど等の皮膚障害が多く、40 件(83.3%)を占める。
これらの他に、すり傷、下痢、むち打ちなどの症状を訴える人もいた。

 

この皮膚障害の原因はすぐにわかったようで、「機器のゆがみや肌表面の凹凸などにより接触面が減少し、狭い範囲の皮膚に電流が集中すること」だそうです。

 

使用の際にパッドが動いたり、身体に巻いて使用するため接触面積が減少することがあったので接触面積を小さくしてテストを行ったところ、面積あたりに流れる電流が増加し、感覚的にも非常に強い痛みが感じられ皮膚に発赤が生じる場合があった。
このことから、パッドと皮膚との接触が十分でない場合には、やけど等の皮膚障害をおこすおそれがある。

 

つまり、お腹や二の腕にEMSを貼り付けて、EMSの表面がしっかりと肌に密着している分には問題ないですが、その状態で動き回る、座る、腕を曲げるなどすることにより、EMSと肌が接触しない面が増えることで、接触している狭い面積に電流が集中することによって、火傷などが起こる可能性があると言うことです。

 

現在のEMS機器は、この反省を元に姿勢が変わっても肌に密着し続けるような改良をこらしていますが、価格の安いEMS機器などではこの問題が放置されています。
EMS機器を購入する際は、この「肌に密着し続ける工夫」がされているかどうかを先ずチェックしましょう。

 

>皮膚への刺激対策がしっかりされているEMS機器とは?

 

筋繊維への過度な刺激による激しい筋肉痛

筋肉は、脳からの電気信号によって収縮する器官であり、EMSはこの電気信号を外部から与えることによって筋肉を収縮させます。
筋肉が強く収縮することで筋繊維が引きちぎられて損傷し、その損傷が修復、補強されることで筋肉は太くなっていきます。

 

EMSによって「筋繊維が損傷しすぎる事でひどい筋肉痛になる」という副作用も報告されているようです。

 

モニター16 名(1 銘柄につき4 名)が1 日(4 時間の間隔をあけて2 回)EMS ベルトを使用したところ、使用した当日から約1 週間の期間に「階段の昇降がつらい」「足がつるので走れない」等と9 名が筋肉痛の症状を訴え、7 名にCPK 値の上昇が、内3 名にはWBC 値等の上昇が見られた。

 

個人的に、これは非常に驚きでした。
なぜなら、私は勝手な先入観で「こんな機械で筋肉を鍛えられるはずかない」と思っていたからです。

 

ですから、クレームも「高い金を出したのに全然筋肉が鍛えられる効果がない」というものばかりだと思っていました。
しかし、実際にはそうしたクレームはほとんどなく、むしろ「筋肉を鍛える効果が予想以上すぎた」事によるクレームが発生しているのです。

 

共同研究者である大西医師の行ったデータによると、上腕三頭筋に自分自身が発揮しうる最大に近い負荷で筋力トレーニングを行った男性6 名と、EMS 機器を耐えられる最大の強度で使用した男性6 名について血液検査及びMRI による画像診断を行い比較した結果、筋肉への影響はEMS 機器を使用した場合により強く見られる傾向にあった。これは、EMS による電気刺激は自分で運動を行うよりも筋肉への負荷が大きいことを示している。

 

筋トレを趣味とするトレーニーの一人として、この報告は衝撃です。

 

自分が発揮しうる最大筋力でのトレーニングを行った場合より、EMSを使用した場合の方が筋肉への影響が大きかったとの事です。

 

普段から運動に慣れていない人にそんな刺激を与えたら、生活に支障が出るほどのひどい筋肉痛になるに決まっています。
このため、国民生活センターでも個人の体質に応じて使用時間や強度を調整するように呼びかけています。

 

今回テストしたEMS ベルトは、取扱説明書等で10 分間の使用を1 日に1〜3 回行うことができるとしているが、電気刺激により筋肉が受ける負荷は思いのほか大きい。
筋肉への影響には個人差があるので、使用に際しては注意が必要である。

 

現在のEMS機器でも、最大使用時間などの注意喚起が行われていますが、使用する際は無理をせずに控えめに行うようにしましょう。

 

>筋肉のケアが考慮されているEMS機器とは?

 

妊娠中や心臓疾患者には使用できないのに、注意書きがわかりづらい

これは副作用とは少し違いますが、国民生活センターによる注意点です。

 

EMSは低周波治療器などと同じで、妊娠中や心臓疾患の方には使用できません。
また、健康な人であっても心臓に近い胸に貼り付けての使用はできません。

 

これらの注意点は非常に重要なことなのに、外箱などにわかりやすい注意書きがしていないという指摘がなされています。
説明書に細かい字で膨大な注意書きとともに書いてあるだけなので、もっとわかりやすく表示するように求めています。

 

EMSを購入する際は、注意書きのわかりやすさなども、その企業の良心を測る指標になるかもしれませんね。

 

電池の使用可能時間が表記より明らかに少ない

これも副作用ではないですが、国民生活センターの指摘であったので書いておきます。

 

取扱説明書に表示されていた1 つの電池で可能な運転回数は約40〜400 回と銘柄間で異なっていた。
繰り返し運転の結果、15 回以降に運転時間が極端に短くなり途中停止を繰り返すものや、運転開始から13 回、55 回で操作が不能になるなど、同種の新品電池を用いている
にもかかわらず、銘柄間において電池の消耗度には大きな差が見られた。
運転回数を満たしていたのは1 銘柄のみであり、その他の3 銘柄は表示でうたわれている回数まで使用できず、表示は不正確で問題である。

 

ひどい話ですね。
特に、低価格のものほどこの傾向があるようです。
EMSにかぎらず、最近の家電製品は安いものほど寿命が短く「安物買いの銭失い」になることが多いですね。

 

EMS購入の際は、信頼できるメーカーのものを選ぶようにしましょう。

 

EMSはシックスパッドを選ぼう

EMSは内臓に障害などの影響がある?

このページに、「EMS 内臓 障害」などの検索ワードで訪問してくださる方が結構いらっしゃいます。
ネットを調べていても、「EMSは内臓に悪影響がある!」と言った言説がちらほら見られますが、私が調べた限り、信頼できる機関や企業の調査によって「EMSが内臓に悪影響を及ぼす」とされる報告は見当たりませんでした。

 

なお、上記の消費者庁の調査では、EMS商品に寄せられたクレームの中で、以下のようなものがありました。

平成14年・20代女性
微弱電流の刺激により筋肉を収縮させることで、特定部位のぜい肉が落ちるという器具を通信販売で購入し、下腹部に装着して10 分間使用した。
ひどい痛みを感じたので2日後に病院で見てもらったところ、内臓には異常はないが、筋肉に炎症がおきていると言われた。
横になるとさらに痛くなり夜も眠れない。

 

このケースでは、おそらく下腹部に装着した際に動作レベルが高すぎたせいで、激しい筋肉痛による炎症が発生したものと思われます。
腹筋ローラーをがっつりやった翌日などに、下腹部に強烈な筋肉痛が来ることってありますよね。あれと同じでしょう。
この際にも、「内臓に異常はない」という診断が出ていますので、筋肉への刺激が強すぎないようにレベルを調整すれば、EMSを使用して内臓に障害が出ることは考えにくいと思われます。

 

また、世界的に有名な企業である「東レインターナショナル」が開発したEMS機器では、東レのHPではEMSの人体への影響について次のように記載しています。

 

Q.身体に電気を流しても大丈夫ですか?
A.大丈夫です。
体内で起こっている筋肉を動かすための脳から筋肉への電気的信号と同等の信号を送るだけです。
EMS運動法は、30年以上前から世界中で研究されているトレーニング方法です。オリンピック選手や各スポーツ選手の筋肉トレーニングを目的として、長年利用されています。

 

Q.どれくらい電磁波は出ていますか?人体に影響はありませんか?
A.電気を使用する器械ですので、多少は発生しています。
ただ、他の家電製品(テレビ・パソコン・電子レンジ・冷蔵庫・蛍光灯など)に比べると、圧倒的に少ないです。
発生レベルとしては、卓上電卓や目覚し時計と同レベルですので、全く問題ありません。安心してご使用できます。
http://www.torelete.jp/

 

世界の東レが「大丈夫」と言い切っていますね。
しかも、「EMS運動法は、30年以上前から世界中で研究されているトレーニング方法です。オリンピック選手や各スポーツ選手の筋肉トレーニングを目的として、長年利用されています。」とありますから、トレーニングの効果としても期待できるものではないでしょうか。

 

 

シックスパッドを装着したところ

EMSは密着度がカギ。筋トレ効果は高い

消費者庁国民生活センターの報告を要約してみました。

 

EMSの副作用として、最大の注意点は「肌との密着度」のようですね。

 

肌と密着せずに、接触する部分が減少することでそこに電流が集中するのが最大のリスクです。
これを防ぐための改良をきちんとしている機器を選ぶのが重要です。

 

肝心の筋肉の刺激については「自分で全力で筋トレするより強い」という衝撃の結果が報告されています。

 

もちろん、筋肉を電気的に刺激するだけで、本格的な筋トレと同じくらい筋肥大するとは思えません。
筋トレには、成長ホルモンの分泌促進などの効果もあるからで、EMSでそれが出来るのかはまだ明らかになっていないからです。

 

また、電気的に筋肉を刺激するだけでは、消費カロリーの増加も望めません。
ダイエットのために体脂肪を落とすには、摂取カロリーを控えるとともに消費カロリーを増やすことが必要です。

 

寝転がってEMSを張っているだけでは、必死に運動するほどのカロリーは消費できません。

 

しかしそれでも、摂取カロリーを控えながら筋肉の減少を食い止めるには一定の効果があるでしょう。
忙しくてジムに通えない日々でも、筋肉に十分な刺激を与えられるメリットは大きいといえます。

 

また、医療機器の臨床試験の結果などを掲載する医師向けサイト「メディカルレビュー」には、EMS機器の使用によって内臓脂肪が有意に減少したという結果が報告されています。

腹部へ複合高周波EMSを用いて1ヶ月間有酸素運動と無酸素運動を他動的に交互に行い,その脂肪代謝への影響を検討した。
腹部の総脂肪面積は減少したが,皮下脂肪よりも特に内臓脂肪面積が有意に約46%減少した。
内臓脂肪が減少した機序として,@血漿アディポネクチン濃度が有意に増加したこと,A腹部への複合高周波EMSによるインナーマッスルの有酸素および無酸素運動の両方の組み合わせによる増加の結果,脂肪燃焼が促進されたことが推測された。
複合高周波によるEMSが腹部内臓脂肪面積,血漿アディポネクチンに及ぼす改善効果について

 

血漿アディポネクチンとは、体内の脂肪細胞を分解して燃焼させたり、様々な健康効果に関与する重要なホルモンです。
EMSの使用によってこのアディポネクチンが増加し、腹部のインナーマッスルに対する有酸素運動・無酸素運動の同時効果で、内臓脂肪が減少したとのこと。

 

内臓脂肪はメタボリックシンドロームの主要な原因となりますから、EMSの使用がメタボ予防にもつながることが期待されますね。
EMSの効果、注意点を理解した上で、自分の生活にあった使い方をすれば、実はかなり効果的なマシンなのかも知れません。

 

副作用対策・シックスパッドはオススメできる!?

シックスパッドの外観

 

EMSマシンの副作用や注意点を見てきたところで、最も有名な商品である「SIX PAD」について紹介します。

 

はじめに言っておくと、SIXPADは類似のEMS商品に比べて値段は高いですが、効果と安全性を考えるなら一番オススメのEMSマシンです。

 

SIX PADは最近のEMSブームの火付け役となった製品で、ロナウドをCMに起用し、アップル製品のようなスタイリッシュなデザインがポイント
「筋トレ=むさ苦しい」というイメージを徹底的に排除したEMSマシンです。

 

その一方、カッコイイだけでなく、副作用が無いように安全対策もしっかり心得ているようです。

 

肌に密着するデザイン

SIXPADには、使いたい部位に合わせていくつかのバリエーションがあります。

 

・腹直筋に集中する「Abs fit」
・ウェスト、腕、脚につかえる「Body fit」
・二の腕専用の「Arm fit」
・太もも専用の「Leg fit」
・お腹周りに巻きつける「Abs Belt」

 

それぞれの部位に合わせて専用にデザインされており、身体の曲線にフィットするソフトシリコンで密着性が高くなっています。
また、肌への電気抵抗を軽減する専用のジェルパッドで肌への負担を抑えています。

 

シックスパッドを腹筋に装着

こちらは看板商品である「Abs fit」です。
6つの電極が独立していて、さらにシリコンで非常に柔らかいので身体のラインに追随します。

 

シックスパッドは動かずに本でも読みながら使うのなら、ジェルシートで身体に貼り付けるだけで十分です。
しかし、付けた状態で動き回る場合は、付属のサポートベルトを利用しましょう。

 

シックスパッドは痛みが出にくい

このようにサポートベルトを使用すれば、激しく動き回ってもパッドが外れることはありません。
サポートベルトを巻いた状態でもかなり薄いので、上から服を着れば違和感は全くありません。

 

EMS,副作用,シックスパッド

 

さらに、パッドが肌に密着していないと肌検知アラームが作動するという珍しい仕様。
安全対策も意識の高さが伺えて、この点では類似商品を圧倒していると言えるでしょう。

 

シックスパッドは目立たない

シックスパッドはウォームアップから自動で強度調整

SIXPADのトレーニングモードは自動プログラムになっていて、スタートボタンを押すとごく弱い強度で1分間のウォームアップから始まり、10分の第一セット、30秒のインターバル、5分の第二セット、30秒のインターバル、5分の第三セット、1分のクールダウンと自動で切り替わります。

 

スタートボタンをおせば、後は23分のプログラムが自動で始まるのです。
特に、ウォームアップもプログラムされているのは親切ですね。

 

前述の通り、EMSはトレーニング効果が非常に強いので、まずはしっかり筋肉を温める事が筋肉痛の予防にも重要です。
また、一日に同じ部位を二回以上は使わないように推奨されています。

 

サポートベルトを利用すれば通勤中などの時間を利用して、しっかりと筋肉を鍛えることができます。
しかし、レベルを上げると刺激もかなり強いので、電車の中などで高レベルでやると、ちょっと挙動不審になるかも知れません(笑)

 

1回23分で一つの部位をしっかりと鍛えられるメリットは大きいでしょう。

 

シックスパッドを買うならボディフィットもセットで!

もしこれからシックスパッドを購入しようかと考えている方は、腹筋用のアブズフィットだけでなく、ボディフィットの方も検討してみてください。

 


ボディフィットは太もも、ふくらはぎ、二の腕、脇腹などにも使用できるので、腹筋以外の筋トレも可能です。

 

アブズフィットで腹筋だけだと、どうしても他の部位が疎かになるので、筋トレが苦手だったり運動の時間が取れない人は、シックスパッドのボディフィットもセットで買うのがお得だし、ダイエットにも効率的です。

 

EMSというとお腹専用の製品ばかりですが、シックスパッドボディフィットなら、腕、太ももなどにも使用できるので、全身をこれで鍛えられます。
なお、ボディフィットでも腕や脚に使用できますが、腕専用のアームフィット・脚専用のレッグフィットというのもあります。

 

腕や脚を特に重視したい場合は、専用のタイプを買ったほうが良いかもしれません。
体感としては、ボディフィットを脚に巻いても刺激は十分感じました。

 

経済的に可能であれば、ボディフィットは二個のセットにしたほうが、両手、両足をそれぞれいっぺんに出来るので便利ですね♪

 

繰り返し使える充電式

SIXPADシリーズは、「Abs fit」「Abs fit2」の2世代があり(ボディフィットも同様)

 

初代は電池式
2は充電式となっています。

 

一回の充電で30回の使用が可能となっており、毎日専用ケースに戻して充電しておけば不便はまず無いでしょう。

 

電池寿命に関しては、特に悪い口コミを見かけないので、問題ないと思われます。

 

ちなみに、2は充電式となっただけでなく、Bluetoothを内蔵して公式アプリとの連携機能も追加されています。
毎日のトレーニングをスマホで管理することで、忘れを防いだり成果を可視化して続けるためのモチベーションにもなりますね。

 

はじめてのEMSならやはりSIXPADが無難

身につけるだけで筋肉が鍛えられるというEMSマシンは、多くの人には疑いの目で見られていますが、実際に科学的知見を当たってみると、そこまで怪しげなものでは無いことがわかります。
もちろん、これを使うだけでロナウドのようなボディになれると過度な期待はしてはいけませんが、しっかりと用途を理解した上で使う分には、十分価値のあるものだと思います。

 

最近では随分と安い製品も発売されていますが、この記事で見てきたような副作用の被害に会いたくなければ、安全対策のしっかりした製品にするほうが賢いでしょう。

 

その点で言えば、SIXPADはしっかりとした対策がなされており、特に「肌検知アラーム機能」は類似品には無い強みです。

 

「はじめてのEMS」には、安さだけの廉価品に飛びつくよりも、まずは信頼できる製品を選んだほうが良いでしょう。

 


こちらも読まれています