シックスパッドで筋肉痛にならないけど効果あるの?筋肉痛の時は使っていいの?

シックスパッド,筋肉痛

「シックスパッドを使っても筋肉痛にならないけど本当に効いてるの?」

 

フィットネスブームも相まって、売れに売れているというEMSマシンのSIXPAD

 

使っていて、上記のような疑問が湧く人も多いようですね。

 

なお「シックスパッドは筋肉痛の時にも使っていいの?」という方はコチラの記事をご覧ください。
>シックスパッドは筋肉痛のときも使っていいの?

 

今回は、SIXPADと筋肉痛についてご紹介します!

 

なお、「SIXPAD」を実際に使用してみたレビューの方は、シックスパッドのダイエット効果体験記の方をご覧ください。

 

筋肉痛とトレーニング効果は関係ない

まず最初にお断りしていおきたいことは、「筋肉痛についてはまだ完全には解明されていない」という事です。

 

人間がなぜ筋肉痛になるのか?その原因は完全にはわかっていません。

 

筋肉痛の原因についてはこの記事では深く掘り下げませんが、詳しく知りたい方は>コチラの記事をご覧ください。

 

ひとつだけわかっておいて欲しいのは「筋肉痛とトレーニング効果は関係ない」という事です。

 

筋肉痛があるから筋肉が鍛えられている
筋肉痛がないから効果が無い

 

これは単なる誤解です。

 

筋肉痛で筋肉は強くなりません。
筋肉痛は、ただ痛いだけです。

 

この点について詳しくは>コチラの記事をご覧ください。

 

ここでは「筋肉痛が起きやすい運動」についてご紹介します。

 

筋肉痛が起きやすい運動とは

普段から慣れていない運動
ウォームアップ・クールダウンが不十分な運動
エキセントリック収縮を伴う運動

 

シックスパッド,筋肉痛

普段から慣れていない運動

人間は「慣れる」生き物です。

 

普段運動不足の人がいきなり運動をすると、強烈な筋肉痛になりますが、その運動が習慣になると筋肉痛を感じなくなるものです。

 

例えばスクワット。
普段から運動不足の人が、ある日突然スクワットを頑張ってやると、翌日には恐ろしいほどの筋肉痛になるでしょう。

 

しかし、そのスクワットも一旦習慣になってしまえば、一日の回数を増やしたり、バーベルを担いでやったりしても筋肉痛にはならなくなります。

 

それでも、負荷や回数を増やしながら毎日継続していれば、筋肉は確実に鍛えられていきます。
つまり、筋肉痛が無くても筋肉はしっかり鍛えられるのです。

 

ウォームアップ・クールダウンが不十分な運動

筋肉痛は、筋繊維の損傷に伴い疲労物質が細胞から漏れ出すことによって起こります。

 

筋肉痛を予防するには、この疲労物質を速やかに洗い流す事が重要です。

 

そのためには、運動の前のウォームアップでしっかり対象筋を温めて血流を増やしておくこと。
運動の後には、クールダウンのストレッチなどで、対象筋周りの血行を促進することが重要です。

 

これを怠ると、疲労物質が洗い流されずに溜まってしまい、ひどい筋肉痛を起こすことになります。

 

エキセントリック収縮を伴う運動

「エキセントリック収縮」とは、筋肉が「収縮しようとしているのに伸ばされている」状態を指します。

 

筋肉の収縮には「コンセントリック」「エキセントリック」「アイソメトリック」の3種類がありますが、これについて詳しくは>コチラの記事をご覧ください。

 

エキセントリックを伴う運動とは、例えば「重たいものをゆっくり下ろす時」があります。

 

筋肉は収縮することで力を発揮する器官で、重たいものを「持ち上げる」時には、筋肉が収縮して関節を「曲げる」事でものを持ち上げます。
それを「ゆっくり下ろす」時には、筋肉が収縮することで重力をコントロールしながらも、関節は「伸びる」事でものを下ろしていきます。

 

このように筋肉が「収縮しながら伸びている」状態がエキセントリックで、これが筋肉への負荷が最も大きい運動とされています。

 

負荷が大きいため、エキセントリック収縮は強烈な筋肉痛を伴います。

 

シックスパッド,筋肉痛

SIXPADは筋肉痛になりにくい?

人間が自分の筋肉を動かす時、特に何も考えなくても筋肉は勝手に動いてくれるものです。
これを生理学的に詳しく見ていくと、脳の中枢神経系から発せられた電気信号によって、筋肉は脳の司令を受けて収縮している事がわかります。

 

SIXPADなどのEMSマシンは、この電気信号を外部から加えることで、強制的に筋肉を収縮させる機器です。

 

ここで注意したいのは、SIXPADによって起こされる筋収縮は、ほとんどが「コンセントリック収縮」だと言うことです。

 

SIXPADの電気信号で筋肉は強烈に収縮しますが、この時筋肉は「収縮することで縮んでいます。」
ちょっと日本語がおかしくなりましたが、とにかくエキセントリックのように「収縮しているのに伸ばされている」という状態にはなっていません。

 

このため、SIXPADで起こされる筋収縮は「筋肉痛になりにくい収縮」という事ができます。

 

でも、口コミを見るとSIXPADで「めちゃくちゃ筋肉痛になった」という人も多くいますよね。それは何故か?

 

それは単に「慣れない運動をしたから」です。

 

そもそもSIXPADのユーザーというのは、普段から運動の時間が取れずに運動不足になっている人が多いため、それがいきなりSIXPADで強い刺激を受けたら筋肉痛になるに決まっています。

 

こういう人でも、SIXPADをある程度の期間使い続けて、それに慣れてくれば筋肉痛にはなりにくくなるでしょう。

 

それでも、段階に合わせて強度をしっかり上げていれば、筋肉はちゃんと鍛えられています。

 

何しろ、SIXPADなどのEMSマシンについては、消費者庁国民生活センターの調査で「自分で全力で筋トレするより刺激が強い」という報告がされているのです。

電気刺激による筋肉増強をうたった商品の安全性
−EMSベルトの筋肉や皮膚への影響を調べる−
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20020924.pdf

 

共同研究者である大西医師の行ったデータによると、上腕三頭筋に自分自身が発揮しうる最大に近い負荷で筋力トレーニングを行った男性6 名と、EMS 機器を耐えられる最大の強度で使用した男性6 名について血液検査及びMRI による画像診断を行い比較した結果、筋肉への影響はEMS 機器を使用した場合により強く見られる傾向にあった。これは、EMS による電気刺激は自分で運動を行うよりも筋肉への負荷が大きいことを示している。

普段から運動に慣れていない人にそんな刺激を与えたら、生活に支障が出るほどのひどい筋肉痛になるに決まっています。
このため、国民生活センターでも個人の体質に応じて使用時間や強度を調整するように呼びかけています。

 

今回テストしたEMS ベルトは、取扱説明書等で10 分間の使用を1 日に1〜3 回行うことができるとしているが、電気刺激により筋肉が受ける負荷は思いのほか大きい。
筋肉への影響には個人差があるので、使用に際しては注意が必要である。

 

シックスパッド,筋肉痛

SIXPADも1日2回の使用は要注意

SIXPADのトレーニングは、ウォームアップからクールダウンまでひとつのプログラムになっており、全自動で行われます。

 

スタートボタンを押すとごく弱い強度で1分間のウォームアップから始まり、10分の第一セット、30秒のインターバル、5分の第二セット、30秒のインターバル、5分の第三セット、1分のクールダウンと自動で切り替わります。

 

スタートボタンをおせば、後は23分のプログラムが自動で始まるのです。
特に、ウォームアップからクールダウンもプログラムされているのは親切ですね。

 

前述の通り、EMSはトレーニング効果が非常に強いので、まずはしっかり筋肉を温める事が筋肉痛の予防にも重要です。
また、一日に同じ部位を二回以上は使わないように推奨されています。

 

たとえ筋肉痛にならなくても、筋肉はしっかりと刺激されています。
トレーニングの三本柱は「運動・栄養・休養」であり、休むのもトレーニングのうちです。

 

オーバーユースを防ぎ、確実な効果を得るためにも、筋発達、筋肉痛の仕組みについてしっかりと理解し、適度な使用を心がけましょう!


こちらも読まれています