ロコモティブシンドロームを予防せよ!5人中4人は予備軍!?

筋トレ

「ロコモティブシンドローム」という言葉が注目されています。

 

言葉自体は知っていても、その内容は詳しくないという方も多いですよね。
日本人の平均寿命は世界一と言われていますが、実は平均寿命と健康寿命の乖離が問題化しています。

 

健康寿命とは「日常的に介護が必要なく、自立した生活が送れる寿命」のこと。

 

現在、日本人の健康寿命は、平均寿命より男性で9年、女性で12年も差があります。

 

つまり「日常的に介護が必要で、自立した生活を送れない」期間が9年〜12年もあるのです!!
これは自分の問題だけではなく、介護負担、保険料負担となって社会を圧迫します。

 

そして、現在の日本で要介護になる原因の1位となっているのが、ロコモティブシンドロームなのです。
今回は、そんなロコモティブシンドロームについてご紹介します!

 

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは

自由に立ったり歩いたり、自立した生活の基盤となるのは、運動器。

 

運動器とは、主に移動に関わる器官であり、筋肉、骨、関節、軟骨などが含まれます。
この運動器の衰えにより、移動する能力が低下した状態を「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」と言います。

 

運動器の障害は要介護、要支援に直結するため、厚生労働省の調査によると、『要介護になる原因』の第一位はロコモティブシンドロームとなっています。

 

筋トレ
厚生労働省『平成23年国民生活基礎調査』

 

全体の23%、約4人に1人はロコモで健康寿命を短くしているのです。
ロコモや健康寿命は、高齢者だけの問題と思われがちですが、他人事ではありません。

 

厚生労働省によれば、40歳以上の男女の5人中4人はロコモか、もくしくはその予備軍だと考えられているのです。

 

ロコモは目に見えにくい

「ロコモ」と似た言葉に「メタボ(メタボリックシンドローム)」があります。

 

内臓脂肪の蓄積による肥満のことで、生活習慣病のリスクが非常に高くなる状態ですが、メタボは見た目の変化や血圧の値などで”目に見えやすい”症状でもあります。

 

目に見えてすぐに危機感が伝わるため、自覚も早く対策もうちやすいのに対し、ロコモは数値化できないため、運動器の衰えに気づきにくいという危険性があります。

 

日本整形外科学会によるお、片足立ちで靴下が履けない、階段の昇り降りに手すりが必要、2kg程度の買い物をして持ち帰れない、15分以上続けて歩くのがつらい、といった自覚症状があると、ロコモティブシンドロームの入り口であるとされています。

 

ご自身の生活を振り返って、自分の運動能力をチェックしてみて下さい。

 

動ける内に”貯筋”をはじめよう

ロコモティブシンドロームの予防には、普段から運動して筋力を維持するしかありません。

 

ただ、ここで注意したいのは「15分以上歩けない」「手すりがないと階段が怖い」、こんな状態になってから運動しようとしても、もう遅いと言うことです。

 

「運動するための筋力がない」という状態になっては、効果的な運動をするのも難しくなります。
もちろん、それからでも少しづつ積み重ねて回復させていくことは出来ます。

 

しかし、衰えてから回復させるより、衰えないように維持するほうが遥かに簡単なのです。

 

「貯筋」という言葉は、鹿屋体育大学の福永哲夫教授が提唱した言葉です。
まだまだ動ける内に、運動習慣をつけて運動器の衰えを予防し、筋肉をためておこうということ。

 

日本人はまずます長生きになっていきますが、ただ長生きしているたけでは意味がありません。
「健康に長生きする」ということが何より重要なはず。
ロコモティブシンドロームを予防し、健康で快活な老後のためにも、今から”貯筋”を始めましょう!


こちらも読まれています