コタラエキス粒が口コミで人気の理由!ネオコタラノールの効果と「サラシア」との違いとは?

コタラエキス,コタラエキス粒,

 

コタラエキス粒は、富士産業株式会社が展開する健康食品ブランド「ウェルベスト」が開発したサプリメントです。

 

コタラエキス粒の主成分であるネオコタラノールは、食後の血糖値の上昇を抑える効果が認められている機能性表示食品で、50代以上の男女で、血糖値高めの方におすすめしたいサプリメント。

 

血糖値を抑えるサプリといえば、小林製薬の『サラシア100』が有名ですが、このコタラエキス粒は口コミではサラシア100より人気だとか。

 

今回は、コタラエキス粒の主成分であるネオコタラノールの効果と、口コミで人気の理由についてご紹介します!

 

コタラエキス粒購入はこちら♪

▼▼CLICK▼▼

食後血糖値の上昇を抑制するサプリ コタラエキス粒

コタラエキス粒はこんな方におすすめです

50代以上の男女
血糖値が高めの方
家族に糖尿病患者がいる方
メタボ解消を目指している方
早めの血糖値対策を始めたい方

 

コタラエキス粒の口コミ評価

コタラエキス粒のネット上での口コミを調べてみました!
どういう点で高評価なのか確認してみましょう。
※口コミは公式サイトから引用

 

コタラエキス,コタラエキス粒,

以前から仕事の付き合いで暴飲暴食が続いていたら、健康診断で引っかかってしまって。
血糖値が高めの人にはネオコタラノールが良いと聞いたので、コタラエキス粒を飲み始めました。
飲んでいると数値も調子が良くて、昼食後に眠くなることもなくなりました。
今では庭の剪定も楽しくて毎日動けています。
72歳というと驚かれます。
70代男性

コタラエキス,コタラエキス粒,

夜食も含めて1日6食も食べる生活をしていたら、健康診断の結果が悪くなり「なんとかしなければ」と思い始めました。
コタラエキス粒は飲みやすいし、舌触りが自然のコタラって感じがします。
持ち運びやすいパッケージなので、ご馳走を食べる旅行には必ず持っていきます。
50代女性

コタラエキス,コタラエキス粒,

2ヶ月に一度血液検査をしているのですが、コタラエキス粒を飲みはじめてから数値が良くなりました。
うれしくてうれしくて。
頑張る気持ちが出てきました。
80代女性

 

ウェルベスト「コタラエキス粒」が人気の理由はコスパ

ネオコタラノールを配合したサプリとして、一番知名度があるのは間違いなく小林製薬の「サラシア100」です。

 

大手メーカーの強みである宣伝攻勢によって、サラシア100は相当売れているそうですが、実は血糖値が高めでお悩みの方の間では、ウェルベストの「コタラエキス粒」が人気になっているようです。

 

コタラエキス粒は、サラシア100に比べてどんなメリットが有るのか、わかりやすく比較してみましょう。

 

コタラエキス粒とサラシア100の比較

コタラエキス粒

サラシア100

価格

30日分

初回1,458円

次回以降2,624円

20日分

2,369円

一日あたり

87円

118円

ネオコタラノール配合量

896μg

663μg

 

ご覧のように、コタラエキス粒は一日のネオコタラノール配合量が896μgとサラシア100より多く、にも関わらず値段の方も安くなっています。

 

サラシア100は一日3粒で60粒入りですから、20日分で2,369円

 

コタラエキス粒は、一日4粒で120粒入りですから、30日分。
これが初回限定で1,458円!
二回目以降も2,624円となり、これを30日で割ると一日あたり87円という抜群のコストパフォーマンスになります。

 

なお、初回限定割引はウェルベストが運営する直販サイトでのみの価格となるので、Amazonなどで購入しても割引はありません。
コタラエキス粒を購入するなら、公式サイトで購入するようにしてください♪

 

コタラエキス粒の割引キャンペーン

コタラエキス粒購入はこちら♪

▼▼CLICK▼▼

食後血糖値の上昇を抑制するサプリ コタラエキス粒

コタラエキス粒は「トクホ」ではありません

小林製薬のサラシア100は消費者庁が認可した「特定保健用食品(トクホ)」であるのに対し、ウェルベストのコタラエキス粒はトクホではなく、「機能性表示食品」となっています。

 

この違いについて簡単に説明します。

 

特定保健用食品とは

「特定保健用食品(トクホ)」は、表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しているものです。
健康の維持増進に役立つことが、科学的根拠に基づいて国に認められている商品ということですね。

 

機能性表示食品とは

「機能性表示食品」は、あくまでも消費者庁に届出して受理されただけで、国から承認を受けたものではありません。
そのため、商品パッケージの表面に「本品は特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません」と明記しなければいけません。
あくまでも一企業が科学的データを示して自己責任で販売する商品で、国がお墨付きを与えたものではないという訳です。

 

コタラエキス粒はサラシア100と同じくネオコタラノールを主成分としているのに、サラシア100のようにトクホを取得していません。
なぜ取得していないかは、ウェルベストに聞いてみなければわからないので不明です。

 

でも、この理由は容易に想像が付きます。
それは「開発コスト」の差です。

 

消費者庁に個別に認可される「トクホ」は、”国からのお墨付き”という大きなメリットがある代わりに、その認可を受けるために非常に多くの試験をパスしなければ為らないというデメリットもあります。
厚労省の外郭団体がアンケート調査をして明らかになった実態では、トクホに必須のヒト試験の費用だけでも4000万円以上かけている会社が4割、1億円以上かけている社も12%あったそうです。

 

小林製薬のような大企業ならば、これだけの費用をかけてでもトクホを取得することが、企業としての価値を高めるために有効でしょうが、中小企業の場合はそうはいきません。

 

機能性表示食品は国が認可を与えるものではないため、トクホ費用よりもはるかに安い費用・期間で開発ができる事が大きなメリットです。
消費者庁に対して、学会誌で認められた研究レビューを根拠に届出する場合でも100〜350万円、期間でもわずか2〜3カ月で可能といわれています。

 

その上、機能性表示食品はトクホと違ってしっかりした機能性・安全性を証明するデータを示せれば、各企業が独自に開発した成分の新たな機能性も表示することが出来ます。

 

このように、特定保健用食品と機能性表示食品の違いは、単に国が認可しているかどうかの違いだけで、実際の効果については大きな差がないと考えて良いのでは無いでしょうか?

 

であるならば、余計な費用をかけずにより低価格で高品質な商品を提供しているメーカーの方を選ぶのも、消費者の賢い選択と言えそうですね。

 

コタラエキス粒購入はこちら♪

▼▼CLICK▼▼

食後血糖値の上昇を抑制するサプリ コタラエキス粒

コタラエキス粒の主成分「ネオコタラノール」とは?

コタラエキス粒の主成分である「ネオコタラノール」は、スリランカだけに生息するニシキギ目ニシキギ科サラシア属のつる性植物「コタラヒムブツ」から抽出される成分です。

 

コタラヒムブツは学名「サラシア・レティキュラータ(Salacia reticulata)」

 

最近、血糖値を抑える効果が高いとして知られる「サラシア」の中でも、特にその効果が高いとされる「キング・オブ・サラシア」とでも言うべき植物です。

 

コタラヒムブツとネオコタラノール

 

スリランカの伝承医学であるアーユルヴェーダでは、昔から体質改善・疾病予防に利用されており、糖尿病初期症状の特効薬としても用いられてきました。

 

その効能・効果の有用性は近年世界保健機関(WHO)でも認知され、特に糖尿病や重度肥満が多い欧米諸国で注目が高まったため、スリランカ政府は乱獲防止のために輸出制限措置を取ってきました。

 

それが近年になって、スリランカ政府の管理の元、一定量の輸出が認められるようになり、日本では株式会社盛光などが原料メーカーとして供給しています。

 

糖の分解を抑えて血糖値上昇を抑制

コタラヒムブツに含まれるネオコタラノールは、食後の血糖値上昇を抑える効果が認められています。

 

具体的には、体内で糖を分解する酵素であるα-グルコシダーゼの働きを阻害することがわかっています。

 

食物に含まれる糖質は、通常いくつかの糖が連結した「多糖」という状態になっています。
これが体内で消化される際に、多糖がα-グルコシダーゼによって分解され「単糖(グルコース)」となって吸収されるのです。

 

多糖は単糖に分解されなければ吸収できません。
この分解を阻害するのがネオコタラノールの働きで、これによって糖質が吸収されにくくなり、血糖値が急激に上がること無く、糖尿病や肥満の予防につながるのです。

 

なお京都薬科大学教授の吉川雅之氏によると、ネオコタラノールは「糖尿病治療薬である経口血糖降下薬のαグルコシダーゼ阻害剤である医薬品のアカルボースと同程度の薬効を有する」とされています。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu1962/40/3/40_3_172/_pdf

 

小林製薬サラシア100などで有名に

サラシア100

スリランカ政府によるコタラヒムブツの輸出が解禁され、ネオコタラノールを利用したサプリの開発が日本でも可能になりました。

 

このとき、大手メーカーの小林製薬と近畿大学の共同研究によってネオコタラノールの血糖値抑制効果は確かな科学的根拠が認められ「糖の吸収を穏やかにして、食後の血糖値の上昇を抑える」という機能で「トクホ」の許可を取得しています。

 

日本でサラシア・ネオコタラノールの効果を有名にしたのは、間違いなく小林製薬の「サラシア100」ですよね。

 

ネオコタラノールの効果
小林製薬が行った実験でも、ネオコタラノールを配合したサラシア100を摂取することで、血糖値の上昇が抑えられていることがわかります。

 

コタラエキス粒の効果的な飲み方

コタラエキス粒は、機能性表示食品であるネオコタラノールの効果によって、食事後の血糖値上昇を抑える効果があります。

 

このため、飲むタイミングとしては食前、食後などがベストです。
コタラエキス粒は一日3〜4粒が目安なので、朝・昼・晩の3食の際に一粒づつ、飲むようにすると良いでしょう。
夕食後は2粒でもいいと思います。

 

また、サプリはあくまでも健康を”補助”するものであって「サプリさえ飲んでいれば何しても大丈夫」という事はありえません。

 

まずは暴飲暴食を控え、定期的に運動をするなど、生活習慣から意識していくことが大前提であることは忘れないでください。

 

その上で、コタラエキス粒を上手に活用していけば、血糖値の悩みを改善し、健康寿命の長い快活な人生を送れるようになりそうですね!

 

コタラエキス粒購入はこちら♪

▼▼CLICK▼▼

食後血糖値の上昇を抑制するサプリ コタラエキス粒


こちらも読まれています