【女性向け】ジムのプールではどんな水着を着ればいいの?
プールは痩せる!ダイエット向きな理由

ジムプール,水着,レディースダイエット,

 

ダイエット・体型維持のための運動として「プール」を選ぶ女性が増えています。

 

しっかりと長時間泳ぐ方もいれば、のんびり水中ウォーキングやアクアエクササイズをされる方も。

 

以前から「プールは痩せる!」と言われ続けていましたが、いざ意気込んでフィットネスクラブに申し込んでも、

 

「どんな水着を着れば良いんだろう?」

 

と悩むことはありませんか?
男性であれば、適当な水着でも良いかも知れませんが、女性はどうしても周りの目も気になるもの。

 

この記事では、フィットネスジムでの水着選びと、プールがダイエットに効果的な理由についてご紹介します!

 

ジムのプールは運動をするところ 水着は泳ぎやすいものを

ジムのプールでの水着選びについて、まず当たり前の事から確認しておきますが、ジムのプールは「運動をするところ」です。

 

ならば、水着も当然運動しやすいものを選ぶべき。

 

リゾートや行楽施設のプールであれば、泳ぎやすさなど二の次でかわいい、色っぽい水着を選びたくなりますが、ジムではそんな水着を着ている人はいません。

 

ジムプール,水着,レディースダイエット,
こんな格好では確実に浮きますのでご注意ください。

 

ジムのプールで運動しやすい水着について、いくつかコーディネートの例をご紹介します。

 

なお、フィットネス水着の通販サイトでは「バケスタ!VacaSta」がオススメです。

 

 

水着なんて楽天でもAmazonでも買えますが、バケスタの場合は
・全商品・試着後でも返品交換可能
なんです。

 

水着は体型にぴったりフィットするものですから、やっぱり試着したいですよね。
通販だとそのへんが不安という方も多いですが、バケスタの場合は一回着てからでも無料で返品交換が出来るので、水着を通販で買うならこちらがオススメです。

 

なお、フィットネス水着だけでなくマーキュリーデュオやジルスチュアートのお洒落な水着も販売していますので、夏のプールシーズンにも利用したいですね。

 

フィットネス水着 セパレート
カラー切り替え身幅ゆったりフルジップセパレート水着 幾何柄身幅ゆったりフルジップタンキニ

 
5,950円
>>購入ページへ

 
6,230円
>>購入ページへ

ジムのプールで着るフィットネス水着で、もっともオススメなのは「セパレートタイプ」の水着。
上下がセパレートになっているため、
・脱ぎ着しやすい
・トイレのときに便利

という利点があります。

 

ビキニのようなヒラヒラがなく体のラインにフィットするため、水の抵抗を受けずに快適に泳ぐことが出来ます。
ショーツもスパッツタイプになっていれば、後ろの人からの視線も気になりませんね。

 

フィットネス水着 ワンピース
サイドカラー切替オールインワン水着 無地キャップ付きワンピース水着(大きいサイズ)

     
4,550円
>>購入ページへ

     
3,500円
>>購入ページへ

ジムのプールだけでなく、競泳の選手などにも一般的に着用される「ワンピースタイプ」の水着。
一体型になっているため着脱やトイレの不便さはありますが、
・最も水の抵抗が少ないため競泳向き
・お腹の出ている人でもカバーできる

という利点があります。

 

お腹が出ている人の場合、セパレートではおへそが見えてしまって恥ずかしいという事も。
そういうときには、カバー力のあるワンピースが便利ですね。

 

ブラトップ+レギンス(スパッツ)
水陸両用バッククロスブラトップ 水陸両用杢ブラトップ

     
2,450円
>>購入ページへ

     
1,750円
>>購入ページへ

おへそを出すことに抵抗のない人には、「ブラトップ+レギンス(スパッツ)」という選択肢もあります。
こちらは上下が完全に分かれていて、ビキニのようなフォルムに。
・ジムのプールでもオシャレしたい!
という方には人気です。

 

おしゃれでもフィットネス水着には変わりませんから、水の抵抗は少なく快適に泳げます。
このまま海でシュノーケリングに行っても使えるようなデザインのものも多く発売されています。

 

チュニック水着
ドット柄チュニック丈めくれ防止タンキニ 幾何学柄チュニック丈フィットネス水着

     
6,860円
>>購入ページへ

     
6,860円
>>購入ページへ

フィットネス水着とおしゃれ水着の中間のような「チュニック水着」
ヒラヒラがあるため多少水の抵抗は増えますが
・とにかく体型を隠したい!
という方には人気です。

 

プールでダイエットしようとする方には、現在の自分の体型にコンプレックスを持っている方も多く、ボディラインを他人に見られたくない!という気持ちも強い場合があります。

 

そういった方には、お腹周り・お尻・二の腕までカバーしてくれるチュニック水着がおすすめ。

 

しっかり泳ぐのではなく、水中ウォーキングやアクアエクササイズならばこちらでも十分。
水の抵抗が増えることが、逆に運動量を高める結果になりダイエットにも向いています!

 

他にも水着ラインナップが充実!全品試着後でも返品交換可能!


★日本最大級の水着通販サイトVacaSta(バケスタ)

 

ジムのプールで水着以外に必要なもの

ジムのプールで運動をする場合、必要なのは水着だけではありません。
必要になる持ち物を確認しておきましょう。

 

ゴーグル

水中ウォーキングならば必要ないかも知れませんが、泳ぐのにゴーグル無しは無茶です。
必ず持参するようにしましょう。
ただ、ほとんどの場合ジムの売店で売っています。

 

水泳帽

リゾートプールではなくフィットネスクラブのプールの場合、ほとんどの場合「水泳帽」の着用が義務付けられてます。
誰でも、他人の髪の毛が浮いているプールなんかで泳ぎたくありません。
また、自分の髪を保護する上でも水泳帽は有効なので、必ず持参しましょう。
ただ、こちらもほとんどの場合ジムの売店で売っています。

 

セームタオル

プールに入るのだからタオル持参は言うまでもありませんね。
ただ、普通の綿タオルだけでなく、プールサイドで便利な「セームタオル」という商品もあります。
こちらはマイクロファイバーによって非常に吸水力が高いのに、絞れば何回でも拭けるのが特徴。

 

綿タオルは、プールサイドに持ち込んで濡れてしまったらもう駄目ですが、セームタオルならプールに入れようがシャワーを浴びようが何回でも水を吸ってくれます。
必須ではありませんが、あると非常に便利なアイテムです。

 

ジムプール,水着,レディースダイエット,

プールは痩せる!ダイエットに効果的な理由

私事になりますが、筆者の友人に競泳の元国体選手(女子)がいます。

 

彼女は水泳選手だけあってしっかりした体格をしていますが、それでも無駄な肉は一切なく引き締まったスタイルを維持しています。
その元水泳選手の話しによれば
「女子の合宿では、毎晩寝る前にホールケーキを一つ食べていた」
という衝撃の逸話がありました。

 

もちろん、それ以外にも朝食・昼食・トレーニング前・夕食としっかり食べた後にです。
なぜそんなに食べるのかというと、
「それぐらい食べないとカロリー不足で筋肉が落ちるから」

 

水泳というのは、それくらい激しくカロリーを消費するのです。
井村雅代
シンクロナイズドスイミングの女子日本代表選手が、練習後に歩きながら菓子パンを頬張っていたところ、報道陣に「行儀悪いよ」と注意され、それを聞いた鬼コーチの井村監督が「食べなきゃ死ぬんだよ!!」とマスコミに激怒したという逸話があります。

 

また、オリンピックで累計20個以上のメダルを獲得した超人マイケル・フェルプスは
1日15000kcal
の食事をすることで有名ですよね。
マイケル・フェルプス
これが一食分!?

 

水泳がカロリーを消費する理由

プールでの水泳が、これほどに大量のカロリーを消費するのには「水の中」という特殊な環境が関係しています。

 

・水に入っているだけで体温維持のためにカロリーを消費する

 

・水圧に抵抗するために無意識に筋肉を使う

 

・重力が無いために関節への負担が少なく、地上より多く運動できる

 

・どんな泳ぎ方でも全身運動である

 

このような理由により、プールでの運動は膨大なカロリーを消費します。
このため水泳はダイエットにも非常に有効なのです。

 

プールダイエットは”ゆっくり長く”がポイント

ジムのプールでダイエットに臨む場合、ポイントになるのは「ゆっくり長く」泳ぐこと。

 

ちなみに、四泳法を消費カロリー順に並べると
・背泳ぎ<平泳ぎ<クロール<バタフライ
の順に消費カロリーが多くなります。

 

しかし、ダイエットという点から見ると
「クロールで10分」よりも「平泳ぎで20分」の方が有効になります。

 

前述のように、人間は水に入っているだけで体温維持や水圧への抵抗のためにカロリーを消費しますので、出来るだけ長く水の中に入りながら運動を続けることが有効なんです。

肥満改善にも水中ウォーキングから始められる

重度の肥満の方の場合、運動をはじめようにも関節への負荷が問題になる場合があります。

 

ランニングやウォーキング・スクワットでさえも膝への負担が大きすぎて出来てないという場合、オススメなのは水中ウォーキングです。

 

水中ウォーキングならば、膝への負担はほとんどかからず、安心して運動をすることが出来ます。
また、水の抵抗を受けながら歩くというだけでも、地上を歩くより何倍も運動量は多くなるのです。
ジムプール,水着,レディースダイエット,
今年こそ理想のスタイルに!

プールでの肌荒れ・髪の毛荒れ対策

ジムのプールの水は、塩素によって消毒されています。
このため、長い間プールに通っていると
・肌がカサカサになった
・髪がボサボサになった

などの症状を訴える人も多いですよね。
プールの肌荒れ・髪荒れ対策についてご紹介します。

 

上がった直後にしっかりシャワー

何より大事なことは、プールから上がった直後にシャワーでしっかり塩素を洗い流すこと。
皮膚の表面に塩素が残留すると、肌へのストレスとなって肌荒れやニキビの原因にもなります。

 

保湿スキンケア

肌をいたわるには、一にも二にも保湿が重要。
ヒアルロン酸などが入った化粧水やクリームで、気になる部分をしっかり保湿してあげましょう。

 

スキンケアは安いものでも構わないので、頻繁に塗っておく事が重要になります。

 

プール前にシャワーを浴びる

特に髪の毛のケアについては、プール直後はもちろんですが、プールに入る前にもシャワーを浴びて、しっかり髪の毛を濡らしておくことが有効になります。

 

一度シャワーのお湯で髪の毛を濡らしておけば、プールの塩素の水を吸い込みにくくなります。
これは、水を吸ったスポンジがそれ以上吸わないのと同じ原理ですね。

 

プール前にトリートメント

可能であれば、プールに入る前にシャワーを浴びた際、トリートメントもしてしまえば完璧。
トリートメントによって髪の毛にバリアを張っておくことで、プールの水によるダメージはかなり防ぐことが出来ます。

 

ただし、洗い流さないタイプのトリートメントは、プールの水質悪化に繋がりますのでNG
トリートメントもしっかり洗い流してからプールに入るようにしましょう。

 

ジムプール,水着,レディースダイエット,
イケメン水泳部との出会いがあるかも!?

 

プールは女性のダイエットに向いている

プールでの女性の水着選び・ダイエットについてご紹介してきました。

 

屋外のリゾートプールは夏限定ですが、ジムのフィットネスプールは一年中使えます。
むしろ、夏休みの子どもが減って空いてきた秋冬こそが、プールダイエットのベストシーズン!

 

いまは水着も通販で一年中買えます。
思い立ったが吉日!

 

プールで理想のボディを手に入れましょう!

 

フィットネス水着ラインナップが充実!全品試着後でも返品交換可能!


★日本最大級の水着通販サイトVacaSta(バケスタ)


こちらも読まれています