ホエイペプチドの効果とは?より効果の高いプロテインを求めるなら!

ホエイペプチド

ホエイペプチドといえば、最近良く耳にするようになった筋トレサプリです。

 

非常に高い吸収率と、筋肉合成を促進する効果。
現状ホエイプロテインを飲んでいる方で、より効果の高いプロテインをお探しなら、一考の余地があるかもしれませんよ。

 

今回は、ホエイペプチドの効果についてご紹介します!

 

ホエイペプチドとはホエイプロテインを分解したもの

昨今、スポーツショップだけでなくドラッグストアにまで並ぶようになった「ホエイプロテイン」

 

ホエイプロテインとは、牛乳に含まれるホエイタンパク質を抽出したもので、以下のような特徴があります。

 

@タンパク質としてのアミノ酸スコアが100点満点である
Aタンパク質の吸収率などを表す生物価が他のタンパク源より高い
B筋肉合成を促すBCAAの含有量が他のタンパク源より高い

 

このように優れた特徴を持つことから、筋トレの効果を高める栄養補給には最適なサプリとして、大人気となっているのです。

 

そのホエイプロテインの効果をさらに高めるために開発されたのが「ホエイペプチド」です。

 

そもそも「ペプチド」とは、アミノ酸がいくつか結合したものの事です。
ホエイプロテインは口から摂取されると、消化器の中でペプチド状に分解され、最終的に個別のアミノ酸にまで分解されてから吸収されます。

 

タンパク質はいくつものアミノ酸が連結した「高分子」の状態にありますが、それが分解されて「低分子化」することでペプチドになるのです。

 

ホエイプロテインを加水分解酵素によってペプチド状に分解しておくことで、胃の中でペプチドに分解する手間が省けるため、消化吸収にかかる時間を短縮し、吸収率を高めたものが「ホエイペプチド」です。

ホエイペプチドは筋肉合成の効果が高い

ホエイペプチドの効果は、単に「吸収が早い」だけでなく、「筋肉の合成促進」についても高い効果を発揮します。

 

順天堂大学と雪印メグミルクの共同研究では、ラットを運動不足の状態に追い込んで筋肉を萎縮させ、そこから回復させる際に、ホエイプロテインを与えたグループとホエイペプチドを与えたグループの筋肉合成の比較がされています。
https://www.thinkgroup.co.jp/ggmania/img/shopping/supple/pic/ironman09_2011peputido.pdf

ホエイペプチドを摂取したラットのヒラメ筋のタンパク質重量は健常ラットと同等レベルまで回復していたにも関わらず、ホエイタンパク質を摂取した群では健常ラットよりも有意に低いタンパク質重量で留まっていることが明らかとなった。
すなわち、ホエイペプチドはホエイタンパク質よりも筋肉の合成を促進する事が考えられる。

 

また、興味深いのはホエイペプチドとホエイタンパク質の構成アミノ酸組成はほぼ同じだと言うことです。

 

ホエイタンパクから必要な成分を抽出したものといえばBCAAなどがありますが、BCAAは3種類の必須アミノ酸を抽出したものであるため、それ以外のアミノ酸は摂取できません。

 

しかし、ホエイペプチドはホエイタンパクから何かを抜くこと無く、単に吸収しやすいように分解しただけですから、摂取できる栄養素はホエイプロテインと同じなのです。

 

構成アミノ酸組成は同じなのに、筋肉の合成に大きな差が出たということは、タンパク質とペプチドの分子の大きさの違いが影響していると考えられます。
タンパク質はそのままの形で摂取するよりも、低分子化したペプチド状で摂取したほうが、より大きな効果を期待できるということですね。

 

トップボディビルダーのホエイペプチド活用術

ホエイペプチド

 

ボディビルの現日本トップランカーである鈴木雅選手と佐藤貴規選手のホエイペプチドに関する対談が、月刊『IRONMAN』17年1月号に掲載されています。

ホエイペプチドを摂る目的

佐藤−「私はトレーニング中、トレーニング後は必ず摂るようにしています。翌日の疲労感が軽減されていることは感じました。いいトレーニングを継続していく上では次のトレーニングまでに身体が回復しているというのは非常に重要です。
私の中では、筋合成や集中力はBCAA、筋肉の材料はホエイペプチドという使い分けをしています。

 

鈴木−「私も飲むと回復が早くなるような感覚です。何も飲まないでトレーニングすると、筋肉から水分が抜けていくような感覚があるのですが、ホエイペプチドを飲むとそれが無いんです。
ホエイペプチドを飲んでトレーニングの質が良くなりました。トレーニング後半の種目もレップ数が増え、種目数もこなせるようになりました。最後までやりきれるようになったという感覚です。

 

ホエイペプチドの摂取量とタイミング

鈴木−「私はトレーニング中に30gをカーボドリンクに混ぜて、トレーニング後には30gをプロテインと一緒に取っています。トータル60gです。」

 

佐藤−「私もタイムリリース的な効果を狙って、トレーニング後にはホエイプロテインに混ぜて飲んでいます。

 

両名が言う「タイムリリース的な効果」とは、ホエイペプチドとホエイプロテインの吸収速度の差を利用して「長時間栄養素を供給し続けるための工夫」だと思われます。

 

つまり、ホエイプロテインとホエイペプチドを同時に飲むことで、最初に吸収速度の早いペプチドが吸収される、そしてペプチドが吸収されきった後に、ホエイプロテインの吸収が始まる。
これによって、途切れること無くアミノ酸が筋肉に供給され続けるというわけです。

 

ホエイペプチドを活用するには?

鈴木−「心拍数が上がるトレーニングを行うと血中のタンパク質の合成が高まると言われています。心拍数が上がるハードなトレーニングを行っている人は、ホエイペプチドを摂ったほうが良いと思います。逆に言えば、ホエイペプチドを摂るならトレーニングはハードに行う必要があります。

 

どんなサプリでも同じですが「飲むだけで筋肉ムキムキになる」ような魔法の薬は無いということですね。
まずはハードなトレーニングが大前提で、それをサポートするためにサプリがあるのです。

 

ホエイペプチドは運動中、運動直後の摂取に最適

ホエイペプチドは、ホエイプロテインとほぼおなじ成分でありながら、吸収速度が非常に早いことが最大の特徴です。
この特性を考えると、トレーニング中の水分補給も兼ねて飲んだり、トレーニング直後に速やかに飲むのが最も効果的です。

 

普通の食事に比べればカロリーも少ないので、飲み過ぎたら太るということも無いでしょうが、その効果を実感するにはハードなトレーニングをしている事が大前提です。

 

逆に、ハードなトレーニングをしている人は、トレーニングで損傷した筋肉に速やかに栄養を与えられているかどうかを、人一倍気にする必要があります。
損傷した筋肉が修復されなければ、トレーニングで筋肉は肥大するどころか萎縮してしまう可能性もあります。

 

ハードに自分を追い込んでいるトレーニーの方は、より高品質の「ホエイペプチド」を取り入れることも検討してみて下さい!

 

ホエイペプチドならゴールドジム一択
安いしヨーグルト味で美味しい
でも、カーボドリンクなどに混ぜる場合は、味が喧嘩しないように注意してくださいね。


こちらも読まれています