BCAAとは?

筋トレ

BCAA(Branched Chain Amino Acid 分岐鎖アミノ酸)とは、バリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸の総称です。

 

人間の体がタンパク質から出来ていることはご存知かと思いますが、そのタンパク質は20種類のアミノ酸から構成されています。

 

そのアミノ酸のうち、体内で作ることが出来ない9種類の事を”必須アミノ酸”と言います。
体内で作れないから、食事で摂ることが必須という意味です。

 

9種類の必須アミノ酸の中でも、必要量はバリン、ロイシン、イソロイシンの3つだけで50%にも上ります。
20種類のアミノ酸の中でもBCAAの割合は35%にもなり、この3つが如何に重要な栄養素であるかわかるでしょう。

 

BCAAサプリの役割

筋トレやスポーツに励んでいる方なら、BCAAサプリの事は効いたことがあるかと思います。
でも、その具体的な役割、効能ってご存知でしょうか?

 

筋肉の分解を抑える

BCAAサプリの効能の一つ目は、運動中の筋肉の分解を抑えることです。

 

人間が運動をする時、血液中の糖質、脂質だけでなくBCAAもエネルギー源として利用されるのです。
運動で消費されることで血液中のBCAA濃度が下がると、筋肉からBCAAが溶け出して補給されます。
つまり、筋肉が分解されてしまうのです。

 

コレを防ぐには、運動の前にしっかりとタンパク質中心の食事を摂って、血液中のBCAA濃度を十分に高めておく必要があります。
しかし、肉類は消化に時間がかかるので、食べてすぐ血液中にBCAAが補給されるわけではないし、運動前に食べると気分が悪くなったり、忙しくて食べられないという状況もあります。

 

こういうときにはBCAAサプリを活用して、運動前に血液中にBCAAを補給しておくことが、筋肉の分解を防ぐ上で有効なのです。
また、運動が長時間に及ぶ場合は、運動の合間にもBCAAを補給することが推奨されています。

 

筋肉の合成を促進する

BCAAの二つ目の役割は、筋肉の合成を促進する事です。

 

BCAAの一つであるロイシンは、膵臓からのインスリン分泌を促進し、インスリンによる筋たんぱく質合成作用を増大することなどが確認されています。

 

インスリンと言えば、血液中の栄養素を細胞に取り込ませる働きをするホルモンです。
食事によって身体が糖質を吸収すると、その糖質はブドウ糖に分解されて血液中に供給されます。
血液に乗って体中に運ばれたブドウ糖は、インスリンの働きで細胞に取り込まれて、エネルギーとして消費されるのです。

 

糖尿病患者は、インスリンの働きが弱い、もしくはインスリンの量が少ないため、糖質を細胞に取り込むことが出来ず、血液中のブドウ糖濃度が高いままで様々な弊害を引き起こしています。

 

インスリンが細胞に取り込ませるのは、ブドウ糖だけではありません。
筋肉の元になるアミノ酸も、インスリンの働きで細胞に取り込まれるのです。

 

つまり、ロイシンの働きでインスリンの分泌量が増えることで、筋肉の合成も促進されるのです。

 

なお、ロイシンが膵臓に働きかける際、HMB(3-Hydroxy 3-MethylButyrate)という物質に変化することが必要です。
このため、このHMBをサプリメントで摂取することで、筋肉合成がさらに効率的に促進できます。

 

BCAAからさらにHMBだけを抽出した「HMBサプリ」というのも、最近話題になっていますよね。

 

中枢性疲労を抑える

BCAAの三つ目の効能は、中枢性疲労を軽減することです。

 

中枢性疲労とは、簡単に言うと”脳の疲労”の事です。
精神的、肉体的なストレスによって脳の中枢神経が疲労することで、肉体にも影響が出てくる疲労の事です。

 

ちなみに、脳以外の筋肉などの疲労のことは末梢性疲労と言います。

 

トレーニングで筋肉が疲労すると、それに合わせて脳も疲労します。
中枢性疲労によって、身体が重く感じたり、気持ちが奮い立たなかったりすることで、運動が続けられなくなり、どっと疲労感を感じるのです。

 

この中枢性疲労のメカニズムは非常に複雑ですが、ひとつの要素としては、アミノ酸の一種である”トリプトファン”が脳内に大量に流れ込むことが原因であると言われています。

 

トリプトファンは脳内で「セロトニン」というホルモンを作り出します。
セロトニンは「安眠ホルモン」とも言われ、身体を休めようとします。
これにより、精神的な「疲労感」が生まれるのです。

 

BCAAには、血液中のトリプトファン濃度上昇を抑え、トリプトファンが脳内に流れ込むのを抑える効果もあります。
これによって中枢性疲労を軽減し、運動を続けやすくなったり、疲労の回復を早めてくれるという訳です。

 

なお、BCAAの効果を飲むタイミングについてはコチラの記事をご覧ください。
>>BCAAっていつ飲めばいいの?飲むタイミングについて

 

おすすめのBCAA

筋トレ

私がおすすめするBCAAですが、やはりトレーニングのことなら「ゴールドジム」が一番です。
ゴールドジム謹製のBCAAが一番オススメということになります。

 

はっきり言って値段は高いし、味は苦くて不味いし、非常に細かい微粒子なので飲みづらいです。
しかしそれも、「余計なものを排除して機能性のみを追求する」というストイックなゴールドジムらしさなのか。

 

BCAAの配合量はぶっちぎり。
スプーン一杯でBCAA2970mgという、十分過ぎる量です。
さらに筋発達に重要なアルギニンもプラスしています。

 

配合量を考えたらこの価格も納得かな?
正直もっと安いものもありますが、私はこれ以下の配合量のものはあまり効果を感じられませんでした。
「BCAAの効果を実感したい!」というのであれば、ケチらずに一度使ってみることをオススメします。

 

>>ゴールドジムの公式ショップへ


こちらも読まれています