MENU
 

ファスタナは痩せる?痩せない?プロテインダイエットの効果検証!

ファスタナはプロテインダイエット

 

「ファスタナ」は、ソイプロテインに36種類の美容成分をプラスした女性のためのプロテインスムージーです。

 

流行りのプロテインダイエットに活用して痩せる?痩せない?
この記事では、ファスタナの活用法と詳しい成分についてご紹介します!

 

そもそも「プロテインダイエット」とは?

プロテインダイエットは、簡単に言うと「プロテイン」を活用したダイエット。そのまんまですね。
プロテインというとムキムキの筋トレマンが飲むものというイメージでしたが、最近では女性でも愛用する人が増えているんですよね。

 

そもそも英単語の「Protein」とは「タンパク質」という意味ですから、誰もが日々食べているタンパク質を抽出しただけのものです。

プロテインはタンパク質

タンパク質といえば筋肉だけでなく、お肌や髪の毛など身体のあらゆる部分の材料になる栄養素。
そのタンパク質をしっかり補給することで、筋肉量を維持しながらスリムになっていくことを目指すものです!

 

ダイエットって食べ物を減らすのが基本ですが、この食事制限で失敗した経験のある方も多いハズ!

 

・お腹すきすぎてストレスがすごい…
・この先ずっと好きなものを食べられないなんて耐えられない…
・栄養不足で肌荒れ、抜毛が増えた…

 

こんな経験、誰にでもあるんじゃないでしょうか?
その結果は、、、

 

やっぱりリバウンドですよね。

ダイエット失敗でリバウンド

それを防ぐにはどうすれば?
やっぱり筋肉を増やして代謝を上げるしか無いんです!

 

しっかりと筋トレし、材料になるタンパク質を補給してあげれば、女性であっても筋肉はしっかり増やすことが出来ます。
これによって代謝が上がれば、生きているだけで消費されるカロリーが増え、多少食事を増やしても太りにくくなります。

 

運動をしている人の身体は、筋肉だけでなく内臓の動きも活発で、健康的で代謝が高いんです。
つまり「太りにくく痩せやすい」夢のような体質!

 

体脂肪を落とすには食事を減らさなくてはいけませんが、筋肉の材料になるタンパク質だけは減らしてはいけません!
でもお肉なんか食べたらカロリーが…

 

そこでプロテインの「ファスタナ」の出番というわけです!

 

ファスタナでプロテインダイエット!

カロリーを抑えながらも、必要なタンパク質はしっかり補給する!
もちろんファスタナも魔法の薬ではありませんから、飲むだけでは痩せません。

 

キチンと食べ過ぎを改め、運動をしていくことが必要です。
ダイエットにオススメの、自宅でも出来る運動については、以下のような動画を参考にしてみましょう!

 

お尻のトレーニング

ヒップアップして美尻に!

腹筋のトレーニング

アブクラックスを目指す!

下半身のトレーニング

美脚になって全身の脂肪を落とす!

 

これらのメニューを全て毎日行う必要はありません。
出来ないときは出来ないでいい。
やれるときは1つでもやりましょう。

 

100点の方法でなくても、10点ずつでも積み上げることが重要!
ファスタナでしっかりタンパク質を補給し、「痩せやすく太りにくい」夢の体質を手に入れましょう!

 

ファスタナ購入はこちら

▼▼▼

女性用プロテインならファスタナ

ファスタナの成分について

ファスタナは、女性の筋トレダイエット・置き換えダイエットをサポートする「プロテインスムージー」です。

 

プロテインの性質は、植物性タンパク質である大豆から抽出された「ソイプロテイン」

 

一般的に売っている「ホエイプロテイン」は、動物性タンパク質である牛乳から抽出したものですので、性質が違ってきます。
このホエイプロテインと、「ファスタナ」のようなソイプロテインの違いを簡単に見ていきましょう。

 

ホエイプロテインの特徴

・筋肉の材料になるタンパク質含有量が多い
・吸収が早い
・どこでも売っている

 

・動物性タンパク質のため腸内環境が悪化しやすい
・吸収が早すぎて効果が長続きしない
・カロリーが比較的高い

 

ソイプロテインの特徴

・植物性タンパク質のため腸内環境が悪化しにくい
・食物繊維が多いため整腸作用がある
・吸収がゆっくりで効果が長続きする
・カロリーが比較的低い

 

・筋肉の材料になるタンパク質含有量が少ない
・吸収が遅い
・大豆イソフラボンが筋発達を阻害する可能性がある

 

ソイプロテイン「ファスタナ」は女性向け?

「ファスタナ」の主成分であるソイプロテインには、以上のような特徴があります。

 

その他にも、大豆を原料としたソイプロテインには、大豆イソフラボンが豊富に含まれています。
イソフラボンといえば、女性ホルモンである「エストロゲン」と構造が非常に似ていることがよく知られていますよね。

 

このため、イソフラボンは体内で女性ホルモンと同じような働きをして、男性の特徴である”筋発達”を阻害する恐れがあるという事が、長年指摘されてきました。
確かに、幾つかの研究ではイソフラボンによる筋発達の抑制効果が認められています。

 

しかし、それは全て男性を対象にした研究結果。

 

女性の場合は、全く逆の効果が示されています。

 

近年の研究で、女性の筋発達には女性ホルモンも深く関わっていることが明らかになってきました。
筋肉や骨を発達させるためにも、女性ホルモンの安定的な分泌が重要であることがいくつもの研究で発表されています。

 

長い間、筋肉を力強く発達させるのは、男性ホルモンの役割だと考えられてきました。
女性は、男性の1割程度しか男性ホルモンが分泌されないので、筋発達には極めて不利なのです。

 

しかし近年の研究で、女性らしい筋肉づくりには女性ホルモンの働きが不可欠であることがわかり、ファスタナでイソフラボンを補給することは、女性の筋肉に大きく貢献してくれる可能性があります。

ファスタナで美しい筋トレ女子に

ソイプロテインはダイエットにも有効

ファスタナの主成分であるソイプロテインは、大豆から植物性タンパク質を抽出したもの。
この植物性タンパクには、動物性タンパク質にはない性質があります。

 

大豆のタンパク質の20%を占める「β―コングリシニン」という成分には、中性脂肪、内臓脂肪の低減効果があることがわかっているのです。

 

β―コングリシニンは、肝臓内で脂肪酸のβ酸化を促進し、体脂肪の燃焼を促す働きがあるようです。
これによって血中中性脂肪や内臓脂肪の減少には、有効であると言われています。
参照:不二製油

 

ちなみに、日本人に馴染み深い大豆食品である「納豆」には、β―コングリシニンはほとんど含まれていないそうです。
理由は、納豆菌が増殖するために大豆のタンパク質を食べてしまうから。
β―コングリシニンを効果的に摂りたい場合は、大豆食品を探すよりもソイプロテインの方が楽で安上がりという事です。

 

これらの効果から、ファスタナ、はダイエットに励む女性にとっては「有効」と言って良さそうです!

 

>「ファスタナ」を始めてみる

 

ファスタナの成分

ファスタナには36種類の美容成分

ファスタナは、ジムによくいるムキムキマンが飲むようなプロテインとは違い、単にタンパク質だけでなく、女性の「美」をサポートする36種類の成分が配合されています。

 

それだけでなく、ビタミンやミネラルなどの必須微量栄養素もたくさん配合されているんです。
ファスタナの成分表示を見ておきましょう。

エネルギー 25.6kcal
たんぱく質 5.4g
脂質 0.03g
炭水化物 1g
−糖質 1.0g
−食物繊維 0.004g
食塩相当量 0.2g
カルシウム 14.4mg
鉄 0.15mg
マグネシウム 6.9mg
ナイアシン 4.3mg
パントテン酸 1.6mg
ビタミンA 256.7μg
ビタミンB1 0.4mg
ビタミンB2 0.47mg
ビタミンB6 0.43mg

ビタミンB12 0.8μg
ビタミンC 33.3mg
ビタミンD 1.83μg
ビタミンE 2.1mg
葉酸 80μg

 

どの成分も「これだけで十分!」という訳にはいきませんが、一般的な食事でこれだけの種類の栄養を摂るのは大変です。
それらをまとめて補ってくれるので、まるで「マルチビタミン&ミネラル」のサプリもプロテインに足しているようなものですね。

 

ファスタナを活用してダイエットをする場合、普段の食事のうち1食をファスタナに置き換えるような「置き換えダイエット」が基本になります。
一食分のカロリーが減るのですから、消費カロリーは確実に減るのでダイエット成功の確率は高いです。

 

しかし、食事を減らすということは「栄養不足」になりやすいのも大きな特徴。
このためファスタナには、食事制限中でも栄養不足にならないようにバランスの良い栄養が含まれているわけです。

 

ファスタナのダイエット効果

 

ファスタナはヒト由来乳酸菌も配合

ここが市販のプロテインとは決定的に違うポイントと言って良いでしょう。

 

ファスタナには「ヒト由来乳酸菌」が配合されています。

 

乳酸菌といえば「整腸作用」ですが、そもそもソイプロテインは食物繊維が豊富で整腸作用が高いため、それにプラスしてさらに乳酸菌も配合することで、ダイエットと同時にお腹スッキリも促してくれるんです。

 

ダイエット中の便秘を防ぐ

よく「ダイエットすると便秘になる」という人も多いですよね。

 

なぜダイエットすると便秘になるかということ、単純に「便になるものがないから」です。

 

最近は特に糖質制限ダイエットが流行っており、ダイエットというとまずお米やパンなどの炭水化物を減らす傾向が強いですよね。

 

それ自体は間違いではないのですが、炭水化物は食物繊維も多く含んでいるので、腸内のものを絡め取って便にして排出する役割も持っています。
この食物繊維の摂取が減ると、腸内にものが残りやすくなり、便になりにくくて便秘になるのです。

 

これを予防してくれるのがファスタナの食物繊維と乳酸菌

 

ソイプロテインの食物繊維は、腸内に残ったものを根こそぎ絡め取って便にしていきます。
さらに、乳酸菌が腸内環境を整えて、分解・吸収を促進することで便秘を防ぐのです。

 

プロテインの吸収率を高める

乳酸菌の役割は、単に便秘を防ぐだけではありません。

 

乳酸菌が腸内環境を整えてくれるということは、「食べたものの吸収率が高まる」という事でもあります。

 

ダイエット中は、ただでさえ食事量が減っているのですから、食べたものをしっかり吸収することはとても重要。
これは、空腹感や飢餓感を和らげて、無理のないダイエットをするうえでも非常に大切なことです。

 

また、プロテインダイエットに必須の「筋トレ」の効果を高めてくれるという側面も。
今や、食べないだけのダイエットは時代遅れで、女性でも筋トレするのが当たり前ですよね。

 

せっかくファスタナのようなプロテインを飲むのであれば、筋トレもしなくてはもったいないです。
もちろんいきなりジムに通ってガッツリ鍛える必要はありませんが、出来るところから少しづつ始めていきましょう。

 

2016年にフロリダ大学で行われた実験では、被験者に普通のホエイプロテインと、乳酸菌サプリ混合のホエイプロテインを摂取させてトレーニングをしてもらったところ、乳酸菌サプリと合わせてプロテインを摂取したグループの方が、トレーニング効果が有意に高かったことがわかっています。
月刊『IRONMAN』17年12月号

 

これは、腸内環境が良くなることで栄養の吸収率が上がり、それだけトレーニングの成果も高まったと言うことです。
乳酸菌で腸内環境を整えておくことは、この筋トレの効果を高める面でも重要なのです。

 

ファスタナにはHMBも配合

ファスタナには、筋肉の材料になるソイプロテインに加えて、筋肉の発達を促進する注目の成分「HMB」も配合されています。

 

HMBとは、簡単に言うと「体内で筋肉の発達を加速する成分」です。

 

建物に例えると、材料となる建材がタンパク質
その建材を上手く使って工事をすすめる建築士がHMBです。

 

最近は、このHMBを高濃度で抽出したサプリも多く発売されていますが、いくら優れた建築士がいても建材がなければビルは建ちません。
このため、プロテインと合わせてHMBを配合しているのは、非常に合理的といえます。

 

HMBは、筋肉の発達を促進するだけでなく「筋肉の減少を防ぐ」効果も注目されています。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年度版)策定検討会報告書」では、高齢者にHMBサプリを摂取させることで、筋力の向上、筋肉の減少防止、体力の向上などの効果が認められています。
http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042643

満足に運動できない高齢者の筋萎縮防止にも、HMBサプリの活用が期待されているのです。

 

このため、HMBを配合したファスタナには「食事制限で筋肉が落ちる」のを防ぐ効果も期待できます。

 

(株)小林香料が行った研究では、カロリー制限を行いつつHMBサプリを摂取した被験者は、1ヶ月で5kgの減量に成功しました。
しかも、ダイエット前後の体組成をチェックすると、脂肪組織が5kgの減少に対し、除脂肪体重は0.6kgしか減っていませんでした。
つまり、HMBが筋肉の分解を強力に抑制し「筋肉を残して脂肪だけを落とした」理想のダイエットとなったのです。
http://www.kobayashikoryo.co.jp/hmbca/diet/

 

程よい筋肉をつけて、余分な脂肪を落とす。
このための最善の方法は、「筋トレダイエット」であり、ファスタナはそれを強力にサポートしてくれる効果がありそうです!

 

>「ファスタナ」を始めてみる

 

ファスタナ

ファスタナで痩せた?口コミの反応は?

ファスタナは、発売以来「筋トレダイエット」にはげむ女性たちの間で話題になっているようです。

 

ファスタナ
ファスタナ
ファスタナ
ファスタナ
ファスタナ

 

みなさんスタイル抜群ですね〜
もちろんファスタナだけの効果ではないでしょうが、しっかり運動をしつつ、一食分をファスタナに置き換えて栄養を補給することは、ダイエットの王道とも言える理にかなったやり方です。

 

「#筋トレ女子」の間では、確実に支持されているようですね!

 

>「ファスタナ」を始めてみる

ファスタナの効果的な飲み方とよくある質問

ファスタナはいつ飲むのが良いですか?

ファスタナのようなソイプロテインは「運動直後」などのタイミングにこだわる必要はありません。
とはいっても運動後に飲んではいけないという事ではありませんので、運動後に飲んでも構いません。
日中では、自分の続けやすい時間帯に飲むようにしましょう。

 

おすすめなのは「夕食の置き換え」です。

 

寝る前に飲んでも太らないですか?

筋肉の合成にしろ、脂肪の分解にしろ、人間の身体が一番変わるのは睡眠中です。

 

脂肪を分解して筋肉を合成するには、睡眠中に栄養不足になってはいけないのです。
栄養不足の状態では、身体は筋肉の合成を抑えて脂肪を蓄えようとします。
これを防ぐためには就寝前の栄養補給が重要です。

 

しかし、当然ながら寝る前にたくさん食べれば太ります。
だから、出来る限りカロリーを抑えてタンパク質を効率よく摂取できるファスタナは、就寝前に飲むのに一番適しているのです。

 

運動しない日でもファスタナは飲んだほうが良いですか?

筋肉は筋トレによって損傷し、それが修復される時に強くなっていきます。
つまり、運動しない「休養日」にこそ筋肉は成長しているのです。
ですから、休養日にもタンパク質はしっかり取る必要があります。

 

とはいえ、運動しないのに余分なカロリーを摂る必要もないので、運動しない日は1杯だけで良いでしょう。

 

ファスタナは授乳中でも飲んで大丈夫ですか?

成分的には全く問題ありません。
むしろ、母乳の原料になるタンパク質を摂れるので飲んだほうが良いです。
ただ、妊娠中、授乳中というのは身体がデリケートになっているので、もし不安であればお医者さんに相談して下さい。

 

ファスタナを飲めば楽に痩せられますか?

飲むだけでは痩せません。

 

プロテインとは、食事管理をして食べ過ぎを改め、しっかりと運動で筋肉を鍛えるという王道ダイエットをサポートするものです。
筋肉をつければ代謝が上がって痩せやすくなり、姿勢やスタイルも良くなります。

 

食事制限中でも栄養不足にならないようにファスタナで補給することには大きなメリットがありますが、飲むだけで痩せる魔法の薬ではありませんので、過度な期待はしないようにしましょう。

 

ファスタナは楽天・Amazonで買える?

ダイエットプロテインのファスタナ

 

いつも使っている楽天やAmazonで買えれば便利ですが、残念ながら楽天アマゾンでは販売していないようです。
店頭でもほとんど置いていないため、ファスタナを買うなら公式サイトがほぼ唯一の選択肢。

 

公式サイトの4,980円が最安値となります。

 

この値段は定期購入の値段ですので、1か月分が毎月届く形になります。
いきなり定期コースは不安に思うかもしれませんが、ファスタナが良心的なのは「回数縛りが無い」こと。

 

普通は「最低3回継続」などの縛りがありますが、ファスタナは気に入らなければ1回から解約可能です。
しかも、公式サイト特典で20日間の全額返金保証付き。

 

単品購入なら、メルカリで転売されているものがあるかも知れませんが、返金保証もつかないし、そもそも食べ物をメルカリで買うって怖すぎです。
まずは3ヶ月!
本気でダイエットに挑戦するなら、ファスタナ公式サイトでの購入しかないですね!

 

ファスタナ購入はこちら

▼▼▼

女性用プロテインならファスタナ


合わせてオススメ