スタミナタイプ?カゼインプロテインの効果と飲み方!

カゼインプロテイン

プロテインには様々な種類がありますが、その中でも「スタミナタイプ」と言われるのがカゼインプロテイン。

 

スタミナタイプと言っても、飲めばスタミナがつくわけではなく、「効果が持続する」という意味です。

 

今回は、カゼインプロテインの効果についてご紹介します!

 

牛乳由来のプロテイン

カゼインプロテインは、一般的なホエイプロテインと同じく牛乳から抽出されたプロテインです。

 

ホエイプロテインは、消化のしやすさ、吸収の速さで知られていますが、これはホエイプロテインが「凝固しない」から。

 

牛乳のタンパク質は約20%がホエイ、80%がカゼインと言われており、カゼインの特徴は「凝固しやすい」事です。

 

チーズやバター、ヨーグルトなどのように、乳製品が個体になれるのは、このカゼインが凝固しているため。

 

ヨーグルトは個体になって沈殿した部分の上に、透明の液体が浮いてきますよね。

 

あの上澄みの液体が「ホエイ」で、凝固しないタンパク質です。
大部分の個体の方が、凝固しているカゼインという訳です。

 

カゼインプロテインは吸収が遅い

カゼインプロテインの最大の特徴は「吸収が遅い」こと。

 

ホエイプロテインは牛乳から凝固しないタンパク質を抽出しているため、分解しやすく吸収も早いのが最大の特徴ですが、カゼインプロテインはその逆です。

 

液体にして飲んでも、胃の中でゼリー状に凝固するため、分解に時間がかかり、吸収が遅くなるのです。

 

吸収が遅いということは、即効性がなくデメリットになりそうですが、逆に言えば「より長い時間栄養を供給してくれる」というメリットもあります。

 

ホエイプロテインは、吸収が早いのがメリットですが、早く吸収された分、早く無くなってしまうというデメリットもあります。

 

人間の身体は脂質を脂肪酸に分解して体脂肪にし、炭水化物をグリコーゲンに分解して肝臓に蓄えておくことができます。
タンパク質はアミノ酸に分解しますが、このアミノ酸を蓄える機能は人間には無いのです。

 

体内に摂取したアミノ酸は、筋肉などの細胞の材料として取り込まれるか、エネルギーとして消費されるかのどちらかで、余ったアミノ酸を蓄えておくことは出来ません。
余ったアミノ酸はすぐにエネルギーに変えられ、体脂肪の蓄積につながってしまいます。
「運動していないのにプロテインを飲むと太る」と言われるのはこのためです。

 

激しい運動をした直後は、身体が栄養を欲していますから、吸収の早いホエイプロテインが役に立ちます。

 

吸収の遅いカゼインプロテインを活用したいタイミングは「寝る前」です。

 

睡眠中は栄養不足

人間の睡眠時間は6〜8時間くらいですから、少なくともその時間は、何も食べていないことになります。
健康意識の高い方なら、寝る前にどか食いすることも無いでしょうから、就寝する2〜3時間前から何も食べていないので、トータルでは8〜10時間以上も何も食べない時間が続くことになります。

 

一方、人間の身体が1番変わるのは睡眠中です。

 

筋肉の合成、分解、脂肪の合成、分解、成長期であれば骨の成長も、みんな睡眠中に起こるのです。

 

ですから「睡眠中に栄養不足」という状況は、出来るだけ避けたいところ。

 

睡眠中に栄養が足りていない状況だと、筋肉の合成も進みませんし、身体はエネルギーを溜め込むために脂肪の分解も抑制します。

 

とはいっても、睡眠中に栄養不足にならないために、就寝直前にしっかり食事を摂るのは抵抗がありますよね。
そもそも、満腹の状態では寝付きも悪くなりますので逆効果です。

 

そこで活用したいのが、吸収の遅いカゼインプロテイン

 

カゼインプロテインは、液体にして摂取しても胃の中に7〜8時間留まると言われ、その間少しづつ吸収されてタンパク質を供給し続けてくれるのです。

 

睡眠中でもずっとタンパク質が供給され続けることで、筋肉の合成促進、分解抑制、体脂肪の燃焼促進の効果があります。

 

カゼインプロテイン

ダイエットにも使える

吸収が遅く胃の中に留まり続けるということは、「腹持ちがいい」という事でもあります。

 

ダイエット中の空腹を紛らわすためにも、カゼインプロテインは有効です。

 

特に、食事をとる30分ほど前にカゼインプロテインを1杯飲んでおくと、食事をいつもの半分くらいに減らしても満足できるようになります。
こうして、タンパク質を確保しながらも食事量を減らして減量するのにも活用できます。

 

カゼインプロテインの飲み方

カゼインプロテインの飲み方は、一般人なホエイプロテインなどと同じで、粉末を水に溶かして飲むことです。

 

水で溶かしても良いですが、牛乳で溶かすのも美味しくてオススメ。

 

ちなみに、ホエイプロテインを牛乳で溶かして飲む方もいますが、これはオススメ出来ません。

 

ホエイプロテインは牛乳からホエイのみを抽出して吸収しやすくしたものです。
せっかく牛乳から抽出したのに、牛乳と混ぜて飲んだら意味がありません。

 

「吸収の速さ」というホエイプロテインのメリットをスポイルしてしまうので、ホエイプロテインは水に溶かして飲みましょう。

 

ただし、「ホエイプロテインしか持っていないけど、寝る前に飲んでおきたい」という場合には、あえて吸収を遅くするために牛乳に溶かして飲むのは有効です。

 

カゼインプロテインを飲むタイミング

カゼインプロテインを飲むタイミングですが、1番は何と言っても「就寝前」

 

睡眠中の栄養不足を防ぎ、身体の成長を促進するのがカゼインプロテインの1番の目的です。

 

他には、トレーニングをしない休息日に飲むのにも最適。

 

筋肉の回復を促し、身体を成長されるには、トレーニングをしない休息日にこそしっかり栄養を摂らなくてはいけません。
この時には吸収を急ぐ必要が全く無いため、カゼインプロテインが活用できます。

 

ただし、ダイエットではなく筋肥大が目的の場合、食事の前にカゼインプロテインを飲んでしまい、食事の量が減るようでは本末転倒。
食事の量が減らないように、飲むタイミングは考えましょう。

 

オススメのカゼインプロテイン

カゼインプロテインは、カゼインのみで売られていることはほとんどなく、ほぼ全ての商品はホエイプロテインにカゼインを混ぜた形で販売されています。

 

カゼイン単体では、凝固しすぎてしまい飲みにくいからです。
本来吸収の早いホエイプロテインですが、カゼインが混ざることによって凝固に巻き込まれ、吸収は遅くなります。

 

原材料名の欄に“カゼイン”“カゼインカルシウム”と表記されているか確認しましょう。

 

ちなみに「プロテインは海外産の方が安い」とよく言われますが、それはホエイプロテインの話。
カゼインプロテインは、実際そんなに安くないです。
むしろ国産のほうが安くて高品質のものが多いですね。

 

国産でオススメなのが「DNS」のカゼインプロテイン。

 

配合量は申し分なく、品質も安定しています。
価格は高いですが、楽天だと「ポイント20%」のショップがあるのです。

 

単品購入の価格は高くても、5回買えば1個分タダになるわけですから、これはお得。
ポイント20%は突然終わることもあるので、ご了承ください。

 

 


こちらも読まれています