ホエイプロテインの種類(WPC.WPI.WPH)についての解説

プロテイン

トレーニング後の素早い栄養補給に有効な「ホエイプロテイン」

 

吸収速度が最も早く、タンパク質量が多いために、筋トレをする多くの人が利用しているプロテインです。

 

しかし、ホエイプロテインと一口に言っても、その製法によってさらに細かく分類されています。

 

今回は、ホエイプロテインの基礎知識と種類についてご紹介します!

 

ホエイプロテインの基礎知識

ホエイプロテインは、牛乳を原料とするプロテインです。

 

ホエイとは、ヨーグルトの上澄みの液体の事で、日本語では「乳清」と言います。

 

この乳清からタンパク質を抽出して、粉末にしたものがホエイプロテインです。
ホエイには、タンパク質の他にもミネラルやビタミンも含まれています。

 

このホエイからの抽出方法によって、ホエイプロテインは3種類に分類されています。

 

WPC

現在、日本で最も一般的なホエイプロテインは、「WPC(ホエイプロテイン・コンセントレート)」と呼ばれる製法です。

 

原料になる乳清をフィルターで膜処理し、ろ過して得られた液体を濃縮する製法で、最も安価な製法です。

 

タンパク質だけでなく、乳清に含まれるビタミンやミネラルも残すことが出来ますが、その分乳糖も残ってしまうため、乳糖不耐症の方はお腹を壊しやすいです。

 

牛乳でお腹を下す事が多い方などは、特に注意が必要です。
WPC製法の場合、タンパク質の配合量は80%ほどになります。

 

乳糖不耐症の心配がなく、安価で大量に摂取したい場合に最もオススメです。

WPI

WPCでは乳糖の不安、タンパク質量の少なさに不満がある方にオススメなのが「WPI(ホエイプロテイン・アイソレート)」と呼ばれる製法です。

 

イオン交換式とも呼ばれ、WPCで抽出したタンパク質をさらにイオン交換で濃縮して、タンパク質以外の物質をほぼ除去したプロテインです。

 

タンパク質配合量が90%以上で、乳糖もほぼ含まれたいため、お腹を下しやすい人でも安心して飲むことが出来ます。
タンパク質の吸収を助けるビタミン、ミネラルなどはほぼ含まれないため、必ず食事やサプリで摂取する必要があります。

 

価格は高くなりますが、高純度のタンパク質を素早く摂りたい方、乳糖不耐症の方などには最もオススメです。

 

WPH

ホエイプロテインは吸収速度が早いことが大きなメリットですが、そのメリットを最大化したものが「WPH(ホエイプロテイン・ハイドロリサイト)」と呼ばれる製法です。

 

WPHプロテインは「ホエイペプチド」とも呼ばれ、乳清から抽出したタンパク質をペプチド状にしたものです。

 

タンパク質は、胃で消化された後に十二指腸に移動し、ペプチドというアミノ酸がいくつか繋がった物質に分解されます。
その後、小腸、大腸でペプチドがさらに単体のアミノ酸に分解され、吸収されるのです。

 

WPHプロテインは、タンパク質に酵素を加えを加水分解して、あらかじめペプチドに分解しておくことで、体内での消化吸収を極めて迅速にしたものです。

 

元々半分消化してあるようなものですから、消化の手間はほぼかからず、またペプチド状で摂取することで、インスリンの分泌を促進する効果もあるようです。

 

価格は高くなりますが、トレーニング後の迅速な栄養補給には最適。
高強度のトレーニングを頻繁に行っている方などには、最もオススメです!

 

鍛えたら、ホエイプロテインで栄養補給!

プロテイン

筋トレによって疲労し、損傷した筋肉は栄養を欲しています。

 

栄養がなければ、いくらトレーニングをしても筋肉は傷つくだけで、強く成長できません。

 

吸収の早いホエイプロテインで、トレーニングの後にすぐに筋肉に栄養を与えてあげる事が、トレーニングを効果的なものにしてくれるのです。

 

ホエイプロテインは製法ごとにさまざまな特徴を持っています。
自分の目的と環境を考慮し、最適な製法のプロテインを選んでみてください!


こちらも読まれています