「生きて腸まで届く」必要はない?乳酸菌を増やすプレバイオティクスとは

生きて腸まで届く,嘘,乳酸菌,プレバイオティクス

 

「乳酸菌が生きて腸まで届きます!」

 

こんな宣伝文句、よく目にしますよね。
ヨーグルトや乳酸菌サプリ、ドリンクなどでは腸内環境を良くするとされる乳酸菌がたくさん配合されています。

 

しかし、乳酸菌というのは口から摂取してもほとんどが胃酸によって死滅してしまうため、腸まで届く頃には生きていません。

 

その弱点を克服するために、乳酸菌をフリーズドライしたり、胃酸に強いカプセルに入れたりして、何とかして「生きて腸まで届く」事をアピールした乳酸菌製品が非常に多く出回っています。

 

生きて腸まで届く,嘘,乳酸菌,プレバイオティクス
このように「生きた乳酸菌が腸まで届く」健康食品を「プロバイオティクス(生菌)」と言います。

 

プロバイオティクスは1989年にイギリスのフラー博士によって提唱された概念で、腸内フローラのバランスを改善し、カラダによい作用をもたらす生きた微生物のことです。

 

善玉菌プロバイオティクスの効果とは?

“プロバイオティクス”は、「健康のために」という意味のギリシャ語が由来とされ、人間に利益をもたらす善玉菌を指しています。生きたまま腸までたどりつき、そこで産生する乳酸などの代謝産物が、ヒトにとって有益な健康効果をもたらしてくれます。

 

プロバイオティクスの代表格である”乳酸菌””ビフィズス菌”は、腸内でオリゴ糖や食物繊維を代謝して「短鎖脂肪酸」という物質を作り出します。

 

短鎖脂肪酸は大腸が正常に働くためのエネルギー源となるほか、腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌の活動を抑える働きがあります。

 

生きて腸まで届く,嘘,乳酸菌,プレバイオティクス

善玉菌は痩せ菌

腸内だけでなく、人間の身体にはいたるところに短鎖脂肪酸の受容体があり、その恩恵を受けています。

 

交感神経に短鎖脂肪酸が結合すると、糖質や脂肪などのエネルギー消費が亢進するし、脂肪組織にある受容体に短鎖脂肪酸が結合すれば、脂肪細胞が糖や脂肪酸を取り込みにくくなり、脂肪の燃焼が促進されます。

 

早い話が、短鎖脂肪酸はカロリー消費を促進し、太りにくい体質をもたらすのです。

 

この短鎖脂肪酸を増やしてくれる善玉菌は、まさに「痩せ菌」と言うべきもの。

 

「ダイエットには腸内環境を改善しよう!」
と最近さかんに言われているのは、このような根拠があってのことなのです。

 

生きて腸まで届く,嘘,乳酸菌,プレバイオティクス

「生きて腸まで届」かなくても効果を発揮するプレバイオティクス

腸内の善玉菌が身体にいい影響をもたらすのは、善玉菌が作り出す短鎖脂肪酸の働きによるもの。

 

ならば短鎖脂肪酸をサプリで摂れば良いのでは?
と思いますが、そんな単純な話ではありません。

 

短鎖脂肪酸を口から摂取しても、消化器で分解・吸収されてしまうため大腸までは届きません。

 

短鎖脂肪酸を増やすには、大腸に住んでいる善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)を増やして、彼らに作り出してもらうしか無いのです。

 

ならば大腸まで生きて届く乳酸菌サプリを摂ろう!
これがプロバイオティクス(生菌)の原理ですが、実は最近の研究では「生きて腸まで届く必要はない」というのが定説になってきています。

 

そもそも外からやってきた菌が人間の腸内に定着する可能性は非常に低く、結局はその菌も死んでしまいます。

 

サプリで摂取した乳酸菌が、胃酸にやられず腸までたどり着いたとしても、その乳酸菌がそこで生きながらえて増殖を始める確率は非常に低いと言われています。

 

では生きた乳酸菌サプリは意味がないの?
いえ、そうとも言えません。

 

生きた乳酸菌が腸内で定着できずに死んでしまっても、その死骸は善玉菌の餌となって元々腸内に住んでいた乳酸菌やビフィズス菌を増殖させる作用があります。

 

つまり、「乳酸菌が腸内環境を改善するには菌が生きていようが死んでいようが関係ない」という事です。

 

東京大学名誉教授で、腸内細菌叢研究の権威でバイオジェニックスを提唱した光岡知足氏によると
「生きた乳酸菌を生きたまま腸に入れても、増殖することはありません。生きて腸に届く乳酸菌を飲んでも腸内を死んだ状態で通過するだけですから生きている必要がないともいえます。
乳酸菌の整腸効果というのは、菌の生死に関係なく菌体が免疫機能を活性化させた結果起こるもので、むしろ菌数を多く摂取することが重要です。
とのことです。
http://www.this.ne.jp/news/detail.php?nid=475

 

このように、生きている乳酸菌(プロバイオティクス)ではなく、元々腸内に住んでいた乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり増殖させる物質を「プレバイオティクス」と言います。こちらの場合、外から菌を入れて定着させるのではなく、すでに定着している菌にエサを与えて増殖させるため、より高い効果が期待できます。

 

現在までに、オリゴ糖(ガラクトオリゴ糖、フラクトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、乳果オリゴ糖、キシロオリゴ糖、イソマルオリゴ糖、ラフィノース、ラクチュロース、コーヒー豆マンノオリゴ糖、グルコン酸など)や食物繊維の一部(ポリデキストロース、イヌリン等)がプレバイオティクスとしての要件を満たす食品成分として認められています。
プレバイオティクスの摂取により、乳酸菌・ビフィズス菌増殖促進作用、整腸作用、ミネラル吸収促進作用、炎症性腸疾患への予防・改善作用、などの人の健康に有益な効果が報告されています。
https://institute.yakult.co.jp/dictionary/word_3.php

 

プレバイオティクスのメリットと効果

腸内の善玉菌を増やすためには、生きている菌である必要はない

 

この認識が広まってから、乳酸菌製品にも変化が生まれています。
「生きた乳酸菌が腸まで届く」アピールをやめ、予め殺菌した「殺菌乳酸菌」という形でサプリや健康食品に配合するようになったのです。

 

プロバイオティクス(生菌)に対して、殺菌乳酸菌のメリットは主に2つあります。

 

まず、既に死んでいるため品質が安定していて、扱いやすいということ。
このため、ヨーグルトだけでなくサプリメントや青汁など様々な食品に配合できるという強みがあります。

 

そして何より1番のメリットは、生菌に比べてグラム中の乳酸菌数が圧倒的に多いこと。

 

生菌では、平均して1 mg中に10億個の乳酸菌が存在しますが、殺菌乳酸菌(死菌)では、1 mg中に500億個の乳酸菌が存在すると言われています。

 

前述の通り、乳酸菌の整腸効果は菌の生き死にに関係なく、とにかく乳酸菌数を多く摂ることが重要と考えられています。

 

これを考えると、品質が安定していて価格が安く、しかも大量の乳酸菌を摂取できるプレバイオティクスの優位性が評価され、殺菌乳酸菌を配合したサプリメントや一般食品の製品が増加しているという事ですね!

 

プレバイオティクス摂取には青汁がおすすめ

プレバイオティクスを摂取できる食品やサプリは多くありますが、筆者としては「青汁」をオススメしています。

 

プレバイオティクスの入った青汁

プレバイオティクスの代表格は以下の3つ

・オリゴ糖
・食物繊維
・殺菌乳酸菌

 

この3つを全てまとめて摂取できるのが青汁だからです。

 

特に、大正製薬の【大正ヘルスマネージ 乳酸菌青汁】は、殺菌乳酸菌の配合量が一番多く(1杯あたり200億個)食物繊維やオリゴ糖までも摂取でき、価格も安いので一番オススメ。

 

毎朝1杯で腸内をデトックスし、便通改善だけでなく
・便秘
・肥満
・アレルギー
・肌荒れ
・虚弱体質
・痩せられない
・太れない
・うつ気味
・マイナス思考

 

これらの症状も、原因は”腸”から来ている可能性があり、青汁による腸内環境の改善で症状が良くなることもあります。

 

そのため、腸内環境を改善するための”乳酸菌”が大人気となっており、”青汁”を飲む方が増えているんですね!

 

<<【大正ヘルスマネージ 乳酸菌青汁】購入はこちら>>


こちらも読まれています