ヒップスラストは最強のプリケツトレーニング!正しいフォームでヒップアップを目指そう!

ヒップスラスト

ツンと上を向いた形の良いお尻は、女性の憧れですよね。
男性でも、大殿筋はスポーツにおいて極めて重要な筋肉であり、スタイルアップのためにも大殿筋トレーニングは必須です。

 

ヒップアップを目指すならぜひ取り入れたいのが”ヒップスラスト”

 

最強のプリケツトレーニングとも言われ、大殿筋をダイレクトに鍛える非常に効果的な種目です。

 

今回は、ヒップスラストの正しいフォームと効果についてご紹介します!

 

種目名 ヒップスラスト
分類 アイソレーション
主働筋 大殿筋
必要な道具 バーベル、ベンチ
ジムに行けない!バーベルもないという方はコチラの記事へ

ヒップスラスト
>グルートブリッジは自重でお尻を鍛える!ヒップアップを目指せ

 

大殿筋を集中して鍛える!

ヒップスラスト

お尻の筋肉である大殿筋を鍛える種目と言えば、スクワットやデッドリフトが定番でした。
確かにスクワットとデッドリフトでも、大殿筋をしっかり鍛えることが出来、実際この2種目をやり込むだけでも大殿筋は十分に肥大します。

 

しかし、人体で最も大きい筋肉である大殿筋をさらにレベルアップしたいという場合には、異なるアプローチが必要になってきます。

 

また、スクワットやデッドリフトでも大殿筋は鍛えられるとは言え、あくまでもスクワットの主働筋は大腿四頭筋、デッドリフトの主働筋はハムストリングスです。

 

特に女性の場合、スクワットで太ももが太くなることを心配する人は多く、大腿四頭筋を刺激しすぎずに大殿筋を鍛えられるトレーニングを探している人も多いハズ。

 

このような目的に最適なのがヒップスラストです。

 

ヒップスラストでは、大殿筋の主な役割である「股関節のヒップヒンジ」という動きをダイレクトに再現し、バーベルを使ってその動きに負荷をかけます。

 

大腿四頭筋やハムストリングスも補助として多少は動員されますが、主働筋は間違いなく大殿筋。
その大殿筋を最大収縮させることができるのが、ヒップスラストのメリットです。

 

トップポジションで最大負荷がかかる

また、スクワット、デッドリフトとの決定的な違いは、「トップポジションで最も大きな負荷がかかる」という点です。

 

スクワット、デッドリフトではトップポジションは立ち上がる姿勢になるため、実質的に大殿筋からの負荷はほとんど抜けています。

 

これに対しヒップスラストでは、トップポジションで大殿筋が最大収縮したときが、最も負荷が高くなります。
ボトムポジションでも、脱力するほど下ろさなければ負荷は抜けません。

 

ボトムからトップにかけて、終始大殿筋に強い負荷がかかり続けることが、ヒップスラストで大殿筋を強く鍛えられる理由なのです。

ヒップスラストのフォームのポイント

ヒップスラスト

股関節の真上にバーベルを乗せる

お腹の上にバーベルを乗せて、股関節のトルクでそれを持ち上げるのがヒップスラストです。
乗せる位置は、床に座って膝を立てた時にできる股関節の真上に乗せます。
人によっては、バーが骨盤に当たってしまい痛いことがあるので、ややお腹側に動かしたほうがいい場合もあります。

 

アザになるのを防ぐために、スクワットパッドやバスタオルなどを使用しましょう。

 

トップポジションで大殿筋を最大収縮させる

トレーニングでは、「今どこの筋肉を鍛えているのか」を意識して行うことが非常に重要です。
トップポジションでは、お尻の穴を締めるように大殿筋を収縮させましょう。

 

「ヒップスラストが脚に効いてしまう」という場合のほとんどは、かかとを踏ん張って脚の力で上げてしまっています。
お尻を引き締めて上に突き出すようなイメージで行いましょう。

 

骨盤は中立位で腰を反らせない

動作の終始に渡って、骨盤は自然な位置を保ち、トップポジションで腰を反らせたりしないようにしましょう。
腹筋に力を入れて体幹を固めることは重要ですが、反らせすぎると脊柱起立筋に負荷が移ってしまいます。

 

高重量に挑戦しよう!

ヒップスラストは、人体で最も大きな筋肉である大殿筋をフルに動員するトレーニングです。
また、スクワットやデッドリフトほど稼動域が大きくないため、重量を挙げやすい種目です。

 

逆に言えば、それなりの高重量で行わないとトレーニング効果を感じづらいとも言えます。

 

慣れてくれば、女性でも100kgが上る人は珍しくありません。

 

また、プレートを付けたバーベルを転がして股関節の上に持ってくるため、大きなプレートを付けないとスタートポジションに入りにくいという点もポイントです。
20kgプレートを付けないと、バーベルを持ち上げて股関節の上に持ってこないければいけないので、はじめるまでに一苦労になってしまいます。

 

お尻がプリプリになって困る人はいないと思うので、自信をもって高重量に挑戦しましょう!

決してムキムキでないグラマラスな女性

225ポンド(約112kg)8レップ!

女性ならこれくらいが目標です!

基本的なメニューの組み方

ヒップスラストは分類上はアイソレーション種目ですが、大殿筋は非常に大きい筋肉であり障害の心配が少ないので、基本の筋肥大メニューが適用できます。

筋肥大

筋肥大を主目的に、筋力アップも図る場合

負荷強度 中強度。最大筋力よりやや軽い負荷
レップ数 5〜12レップ
インターバル 短く(1分程度)
セット数 多い(3〜5セット)
頻度 大筋群は週1〜2日、小筋群週2〜3日

 

 

ヒップスラストでプリケツを目指せ!

ヒップスラスト

女性だけでなく、男性もたくましいお尻は重要!

 

後ろ姿というのは、思いの外男性の印象を左右するものですが、実は背中の大きさだけて無く、お尻のたくましさも、後ろ姿の重要なファクターです。

 

ジーパンのお尻の部分が余りまくってダボダボ…
なんてダサいですよね。

 

ヒップスラストを取り入れてから、明らかに大殿筋が大きくなった、スクワットやデッドリフトの重量も伸びたという声も多く、大殿筋のトレーニングとしては最も重要な種目です。

 

あらゆるスポーツに役立つ大殿筋を鍛えるために
ツンと上を向いたプリケツを手に入れるために

 

ぜひヒップスラストに取り組んでみましょう!

 

女性の筋トレの効果をさらに高めるHMBサプリに

女性は、ホルモンの関係で男性に比べて筋肉が付きづらいため、筋トレの効果も中々実感しづらいのが現実。
より早めく効果を出したい方は、HMBサプリがおすすめ。

 

HMBは、プロテインなどに比べると圧倒的に低カロリーで、筋肉の合成を促進する効果が高いサプリメントです。
このため、「筋肉を付けつつ体脂肪を減らしたい」という女性にはうってつけで、筋トレ女子の間ではもはや常識になっているサプリ。

 

女性用のHMBサプリでおすすめは、最近テレビなどでもよく見かけるトレーナーのAYAさんが監修した「BBB(トリプルビー)」

 

>>トリプルビー購入はこちら

 

AYAさんは、中村アンさんや土屋太鳳さんのパーソナルトレーナーとしても知られ、女性のボディメイクのエキスパートです。
そんなAYAさんが監修したトリプルビーは、女性の筋トレには欠かせないサプリと言えますね!

 

トリプルビーの詳しい飲み方などについては、関連記事をご覧ください。

関連記事

・BBBトリプルビーのダイエットに効果的な飲み方について


こちらも読まれています