イヌリンとHMBは中年太り対策に相性抜群?血糖値やお腹周りが気になる方への効果とは

イヌリンとHMB

 

株式会社すこやか自慢の「イヌリンとHMB」

 

この商品名を見た時、「どんな組み合わせだよ」と思いましたが、よく考えてみればイヌリンとHMBは相性抜群です。

 

特に中高年の血糖値や肥満対策には有効だと考えられます!

 

今回は、イヌリンとHMBの相乗効果についてご紹介します!

 

イヌリンとHMB購入はこちら

▼▼▼▼▼

イヌリンとHMB

イヌリンとHMB公式サイト

イヌリンの効果とは?

イヌリンとは、菊芋やゴボウなどに含まれる水溶性食物繊維の一種です。

 

水溶性食物繊維は、胃の中で水分を含むと膨張してドロドロのゲル状になり、一緒に食べたものを絡め取る働きがあります。
「食物繊維はカラダに良い」というのは、何となくイメージとしてあると思いますが、実は人間の身体は食物繊維を吸収することは出来ません。

 

吸収できなくても、食物繊維には重要な働きがあるのです。
水溶性食物繊維であるイヌリンの効果について詳しく見ていきましょう。

 

菊芋

余分な糖や脂肪の吸収を抑える

イヌリンは、胃の中で膨張してゲル状になった後、胃腸の中にある糖質や脂質を絡め取る働きがあります。
その糖質は、本来腸から吸収されるものですが、イヌリンに絡め取られているため吸収されずにそのまま排出されてしまいます。
このため、食事の際にイヌリンを摂取することで、糖質や脂質の過剰摂取が抑えられ、ダイエット効果が高いと考えられています。

 

血糖値の上昇を抑える

食事のよって摂取された糖質は、腸から吸収された後に血管に入り込み、血糖値を上昇させます。
これ自体は何も問題ないことで、血液中の糖質は身体中の細胞でエネルギーとして消費されます。

 

しかし、摂取した糖質が過剰である場合は問題です。
人間の身体は、常に血糖値を一定に保つように出来ているため、血糖値が上昇するとインスリンが分泌されて血糖値を下げようとします。
糖質を過剰摂取して血糖値が急上昇すると、インスリンも大量に分泌されて血糖値を下げようとします。

 

これを繰り返していると、段々と血糖値を調整する機能が壊れてきて、血糖値を下げられなくなってしまいます。
イヌリンは、糖質を絡め取って吸収しにくくすることで、血糖値の急激な上昇を抑えてくれる働きがあります。

 

これによって、インスリンが血糖値を下げるのをサポートし、イヌリンサプリを摂取し続けた人は、有意に血糖値が下がったという実験結果も公表されています。
http://oasis-kikuimo.jp/

 

腸内を掃除する

イヌリンは膨張してゲル状になった後、ドロドロになって腸内を進んでいくので、腸内にこびりついた宿便や毒性物質を根こそぎ絡め取って排出する効果があります。

 

これによって、便秘解消、腸内デトックスなどの効果があり、特に油ものを好んで食べる人などは、腸内に残った脂を掃除してくれるので、コレステロールも下げる効果が期待できます。

 

イヌリンを飲むおばさま

イヌリンと難消化性デキストリンてどう違うの?

ここまで読んで勘の良い方はお気づきかと思いますが、イヌリンは最近ダイエット商材でよく見られる”難消化性デキストリン”と非常に似ています。

 

どちらも植物に含まれる多糖類で、糖類でありながら食物繊維を豊富に含んでおり、体内の糖質を絡め取って排出を促すという特性があります。

 

難消化性デキストリンは、
・整腸作用
・食後血糖値の上昇抑制作用
・食後中性脂肪の上昇抑制作用

 

この3つの作用で、消費者庁より「特定保健用食品(トクホ)」の認定を受けている商品に多く使われていますが、イヌリンにもほとんど同じような効果があることがわかっています。

 

加えて、イヌリンは腸内で分解されるとフラクトオリゴ糖となり、善玉菌の有効なエサになります。
これは、難消化性デキストリンにはない効果です。

 

腸内で善玉菌のエサになってくれることから、腸内環境を整える働きもしてくれ一石二鳥。
糖質の吸収を抑えてくれることによって、インスリンの分泌量も抑えることが期待できます。その為、血糖値の上昇を穏やかにしてくれることが期待できるのです。

 

腸内の善玉菌を増やす

フジ日本精糖株式会社研究開発室室長の和田正氏らの研究によると、イヌリンの摂取によって腸内の善玉菌が増加し、さらに排便の回数も増えて腸内環境が改善することが示されています。

 

イヌリンの摂取によって排便の量や回数が増加し、より理想的な方向に改善されたという報告は多く、排便回数はイヌリン摂取によってほぼ1日1回に改善されていることが明らかにされている。
(中略)
イヌリンはビフィズス菌や乳酸菌のような有益な菌を選択的に増殖させ、バクテロイデスやクロストリディウムのような有害菌の増殖を抑えることがGibsonらによって明らかにされ…
https://www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/51/6/51_376/_pdf

 

イヌリンは、食後の血糖値の急上昇を抑え、糖質の吸収を抑制します。
食物繊維が豊富なことから便秘解消効果もありますし、ダイエット食品などにも使用されていることが増えてきています。

 

肥満の予防だけではなく腸内環境を整えてくれる作用も期待できるのです。

 

HMBの効果とは?

HMB(β-hydroxy-β-methylbutyrate)は、必須アミノ酸のロイシンが代謝されて生成される物質です。
だいたい20gのロイシンを摂取すると、体内で1gのHMBに変換されると考えられています。

 

ロイシンは必須アミノ酸の中でも必要量が最も多く、筋肉合成に極めて重要な役割をしているアミノ酸です。
このため、ロイシンのサプリメントは何十年も前から世界中のアスリートが摂取していますが、このロイシンの働きは、実はロイシンが作り出すHMBの働きによるものも大きいことがわかっています。
HMBはロイシンからごくわずかに生成される代謝物であるため、「HMBの血中濃度が高い=ロイシンが豊富にある」と身体が判断するためと考えられています。

 

そのHMBの効果について、具体的に見ていきましょう。

 

HMBについて

筋肉の合成を促進する

HMBには、筋肉の「合成スイッチ」とも言うべき「mTORシグナル伝達経路」を活性化する効果が認められています。
このmTORシグナルとは、筋繊維の損傷をスイッチとして活性化し、筋肉に新た栄養を送り込んで細胞分裂を促進する神経回路です。

 

mTORが活性化して筋肥大が起こる条件としては、体内のアミノ酸が十分に満たされている必要があります。
アミノ酸の中でも、特にロイシンの血中濃度が非常に重要なので、「HMBの血中濃度が高い=ロイシンが豊富にある」と身体が判断する事で、HMBサプリには筋肉の合成促進効果が認められています。

 

筋肉の分解を抑制する

HMBには筋肉の分解を抑制する効果も認められています。
動物にとって、筋肉は身体を動かすために必要不可欠なものですが、トレーニングで発達した筋肉は、生命の維持にはそれほど重要なものではありません。
このため人間には、古くなったり、使い道のなくなったりしたタンパク質を分解して排出するシステムである「ユビキチン・プロテアソーム系」という回路が存在します。
トレーニングをしばらく休むと筋肉が落ちてしまうのは、この回路の働きによるものです。

 

他にも、筋肉が必要以上に発達するのを防ぐ「ミオスタチン」という遺伝子があり、身体の恒常性を保つ働きをしています。

 

HMBには、このミオスタチンやユビキチン・プロテアソーム系の働きを抑制して筋肉の減少を防ぐ効果が認められています。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=L-leucine%2C+beta-hydroxy-beta-methylbutyric+acid+(HMB)+and+creatine+monohydrate+prevent+myostatin-induced+Akirin-1%2FMighty+mRNA+down-regulation+and+myotube+atrophy

 

理想的なダイエット効果

前述の通り、HMBには筋肉の合成を促進して分解を抑制する効果があります。
ダイエットのためには、食事制限をして摂取カロリーを減らすことが不可欠ですが、そうすると栄養が不足して身体は省エネモードになってしまいます。
そのために体脂肪を分解してカロリーを取り出すわけですが、栄養不足の状態では筋肉も分解されて発達が抑制されてしまいます。
HMBは、筋肉合成経路に強力に作用して、ダイエット中でも筋肉の発達を促す効果があります。

 

(株)小林香料が行った研究では、カロリー制限を行いつつ一日2gのHMBを摂取した男性は、1ヶ月で5kgの減量に成功しました。
しかも、ダイエット前後の体組成をチェックすると、脂肪組織が5kgの減少に対し、除脂肪体重は0.6kgしか減っていませんでした。
つまり、HMBが筋肉の分解を強力に抑制し「筋肉を残して脂肪だけを落とした」理想のダイエットとなったのです。
http://www.kobayashikoryo.co.jp/hmbca/diet/

 

イヌリンとHMBで健康になろう

イヌリンとHMBの相乗効果とは

イヌリンとHMBのそれぞれの効果についておさらいしたところで、この2つの相乗効果について考えてみましょう。

 

まず、イヌリンには
・糖質や脂質の吸収を抑制する
・血糖値を下げてインスリンをサポートする
・腸内環境を改善する

 

このような効果があります。
次にHMBには、
・筋肉の合成を促進する
・筋肉の分解を抑制する
・筋肉を維持したままダイエットを可能にする

 

このような効果があります。
つまり、「イヌリンで糖質の過剰な吸収を抑える」、「HMBで筋肉を維持し基礎代謝を高く保つ」という2つの相乗効果によって、血糖値の上昇を抑え、中年太りの改善には非常に効果が高いと考えられます。

 

筋肉は、糖質を燃やして熱に変える器官です。
筋肉量が多ければ、それだけ基礎代謝も高く、摂りすぎた糖質も消費してくれます。

 

さらに、イヌリンで糖質の吸収を抑え、糖質があまり過ぎないようにすれば、自然と体脂肪が燃焼されてスリムになっていくはずです。

 

イヌリンとHMBの効果

 

イヌリンとHMBの効果のまとめ

・年をとっても基礎代謝を高く保ちたい
・血糖値の上昇を抑えたい
・中年太りを解消したい
・腸内環境を改善したい

 

このような要望を持っている人には「イヌリンとHMB」はオススメできるサプリメントと言えますね!
この「イヌリン」と「HMB」を同時に配合したサプリというのは今までなかったので、血糖値が気になりだした方はぜひ試してみてください!

 

イヌリンとHMB購入はこちら

▼▼▼▼▼

イヌリンとHMB

イヌリンとHMB公式サイト

 

『イヌリンとHMB』の成分と効果についてもっと詳しく

株式会社すこやか自慢の『イヌリンとHMB』は、その名の通り「イヌリン」「HMB」を配合したサプリです。
今まで、この組わせのサプリメントはありませんでしが、その『イヌリンとHMB』について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

イヌリン

イヌリンの詳しい効能についてはすでに紹介しましたので、ここでは割愛します。
こちらでは、「イヌリンとHMB」には、そのイヌリンがどの程度含まれているのか?他社イヌリンサプリとくらべてどうなのかを見ていきましょう。

 

一回分のイヌリン配合量比較

すこやか自慢

イヌリンとHMB

オアシス

前田の菊芋

ルックルック

イヌリンプラス

イヌリン

1,506mg

イヌリン

1,710mg

食物繊維

1,483mg

イヌリン量は非公表

31日分

1,980円

30日分

6,000円

31日分

2,980円

 

ご覧のように、イヌリン配合量は前田の菊芋がトップですが、前田の菊芋は高級なドイツ産菊芋を使用していることもあり、30日分が6,000円と高価です。
それに対し、すこやか自慢は配合量が200mgほど少ないだけで、価格は4000円以上安くなるので、コスパは高いと言えますね。

 

ルックルックは、イヌリン量を公表しておらず、「一袋に食物繊維46000mg配合」と表記しています。
一袋は31日分なので、単純に割って一日分の食物繊維が1,483mgとなりました。

 

HMB

HMBには、筋肉の合成を促進する効果と分解を抑制する効果があり、このため筋トレをサポートするサプリとして知られていますが、実は「高齢者の体力維持」にもHMBが期待されています。

 

サラシア

サラシアとは、亜熱帯地域に広く分布するツル性の植物。
古代より、インドやスリランカではアーユルヴェーダー(民間療法)にて糖尿や肥満の治療に用いられてきました。

 

サラシアに含まれる成分には、体内で糖質を分解する酵素である「α-グルコシダーゼ」を阻害する作用を示すことが確認され、麦芽糖とショ糖投与による血糖値上昇抑制効果が確認されています。

 

つまり、糖質の吸収を緩やかにして、血糖値の急上昇を防ぎ、肥満を抑制する効果が期待できます。
最近は「サラシア緑茶」なども、肥満解消のために有効とされていますよね。

 

びわ茶

びわ茶には、「アミグダリン」という独自の成分が含まれており、これは「がん予防」に高い効果があるとされています。
アミグダリンは、世界20カ国以上でガン治療薬として使われており、「びわ茶療法」という言葉もあるほど。

 

また、高麗人参の主成分として知られる「サポニン」もびわ茶には豊富。
血行促進と滋養強壮により、健康をサポートします。

 

アイスプラント

アイスプラントに多く含まれる「ピニトール」には、イヌリンと同じように血糖値の上昇を抑える効果が確認されています。
ピニトールは「植物性インスリン様物質」と呼ばれるほど、インスリンをサポートして血糖値を下げる効果が高く、最近では多くのサプリに活用されています。

 

桑の葉

桑の葉には、「DNJ(1−デオキシノジリマイシン)」という特有成分が含まれています。
このDNJは、糖質の最小単位であるブドウ糖(グルコース)に、構造が非常に似ている事が特徴。

 

小腸内の糖質分解酵素は、DNJにも反応するため、本当の糖質が小腸に来たときにもDNJが身代わりになって分解されてしまうので、結果として糖質の分解を阻害する効果があります。

 

また、小腸で分解されなかった糖質は、大腸まで移動して分解されますが、この時大腸で発生する水素や乳酸などが大腸を刺激して、排便を促進する効果もあります。

 

イヌリンとHMBの成分まとめ

イヌリンに副作用はある?

イヌリンとHMBの副作用リスクを考えるために、まずはイヌリンについて詳しく見ていきましょう。

 

イヌリンは、水溶性食物繊維の一種ですが、水溶性食物繊維には一度に過剰摂取すると、お腹がゆるくなる、下痢、膨満感、ガスが貯まる、消化不良による腹痛などの副作用が報告されています。
このため、サプリメントでの過剰摂取は要注意です。

 

どのくらいの摂取が過剰摂取になるかは個人個人の体質や年齢にもよります。
厚生労働省によると、食物繊維の摂取目安量は1日当たり20〜25g程度。
つまり20,000mg程度です。

 

これくらいなら過剰摂取になることはまず無いでしょう。
『イヌリンとHMB』は、1日分のイヌリンが1,506mgなので、食事と合わせて適量の食物繊維を補給できます。
1日分の摂取量を守っている分には、イヌリンによる副作用のリスクは極めて低いと言えるでしょう。

 

HMBに副作用はある?

HMBは、1996年にアメリカで発見された物質で、日本でサプリメントとして認可されたのが2010年という比較的新しい物質です。

 

近年の研究によって、筋肉の発達、分解の抑制に大きく関与していることがわかっており、世界中のアスリートがHMBを取り入れ始めています。
現在のところ、目立った副作用の報告はありませんが、逆に言うと安全であるという完全な証明もなされていません。

 

FDA(アメリカ食品医薬品局)が定める安全な成分の一覧「GRAS(Generally Recognized as Safe)」にも、HMBはまだ記載されていません。
ここに記載されてはじめて「安全」と言い切ることが出来ます。

 

HMBの効果を検証した多くの実験では、1日2g(20,000mg)で十分な効果が認められています。
また、厚生労働省の調査では、高齢者には1日3gの摂取で筋肉の減少抑制効果が認められました。

 

これくらいの量なら、全く問題は起きないようです。
つまり『イヌリンとHMB』も、1日分の摂取量を守っている分には、副作用のリスクは極めて低いと言えますね。

 

イヌリンとHMBはGMP認定工場で生産

すこやか自慢の「イヌリンとHMB」は、全て日本国内のGMP認定工場で生産されています。

 

GMPとは、原料の受け入れから製造、出荷まで全ての過程で一定の品質が保たれる事を保証した品質管理基準のことです。
工程ごとに厳しい品質チェックを行い、安心安全なサプリメントとして開発されています。

 

イヌリンとHMBで血糖値コントロール

イヌリンとHMBで安全に血糖値コントロール!

「イヌリン」と「HMB」は、それぞれ全く別の分野でサプリメントとして人気の成分でした。

 

この2つの相性の良さに注目し、合わせて配合したサプリは、現在のところ株式会社すこやか自慢の「イヌリンHMB」だけ

 

イヌリンHMBには、その他の成分も含まれていますが、いずれもサプリメントとしての実績も豊富で安全な成分です。

 

副作用のリスクも少なく、ただ単に「血糖値を下げる」だけでなく、「筋肉を増やして糖を燃えやすくする」という体質の改善まで狙った、お得なサプリメントです。

 

イヌリンとHMBは、血糖値が気になる方にオススメのサプリ!

すこやか自慢の『イヌリンとHMB』は、糖質の吸収を抑えて血糖値の上昇を防ぐ成分を多く配合しており、血糖値が気になる方にはオススメのサプリと言えます。

 

他のイヌリンサプリと比較してもコスパが高く、さらに筋肉の減少を防ぐ「HMB」を配合しているのもポイント。
筋肉は、40代以降の急激に減少するため、これによって代謝が落ち込んで糖を消費出来なくなるだけでなく、日常的な体力の低下、姿勢の悪化などの問題も起こってきます。
これを防いでくれるHMBは、アスリートだけでなく中高年こそむしろ摂取すべきと言えます。

 

「イヌリン」と「HMB」をあわせて配合しているサプリというのは他にないので、中高年からの健康習慣を始めたい方は、ぜひ試してみてください!

 

イヌリンとHMB購入はこちら

▼▼▼▼▼

イヌリンとHMB

イヌリンとHMB公式サイト


こちらも読まれています