金子賢の筋肉はHMBサプリあってこそ!?HMB「鍛神」の成分・効果・口コミをチェック!

金子賢,HMB,サプリ,鍛神

 

金子賢さんといえば、俳優・格闘家転身・DJ・フィットネス業界などでマルチに活躍するタレント。

 

近年は、その鍛え抜かれた肉体美が注目を集め、TV番組などでも活躍されていますよね。

 

今では日本最大級のフィットネスコンテストに成長した「サマースタイルアワード」の代表も務め、日本筋トレ界の顔とも言えそうな人物です。

 

その金子賢さんが監修したHMBサプリが「鍛神(kitashin)」

 

HMBサプリは、筋肉の発達を促す効果が注目され、いまや多くのアスリートも取り入れているサプリメントですが、金子賢さん自身が「納得できるものを…」と開発したのが、この鍛神です。

 

バキバキに引き締まった格好いいボディを手に入れたい方は、要チェックのサプリと言えそうですね!

 

金子賢の筋肉サプリ

鍛神はHMB2000mg配合で業界トップクラス

金子賢さんが監修したHMBサプリ鍛神は、1日分6粒にHMB2,000mgを配合。

 

この配合量は、金剛筋HMBなどと並んで業界トップクラスです。

 

簡単に比較してみましょう。

 

商品名 HMB配合量 価格 イメージキャラクター

鍛神

2,000mg

初回
500円
次回以降
6,980円

金子賢

金剛筋

2,000mg

初回
980円
次回以降
7,258円

ロナウジーニョ

メタルマッスル

1,600mg 3,098円

GACKT

鍛神はHMB2000mg

金子賢のHMBサプリ鍛神はコスパ良好

上記の表をご覧の通り、鍛神はHMB配合量がトップクラスに多いにもかかわらず、現在一番人気と言われている金剛筋HMBよりも価格が安くなっています。

 

このため、

 

配合量が多く安いHMBサプリ

 

として、スペックの面では非常に有利と言えますね。

 

GACKTさんがCMしていたメタルマッスルは、HMBサプリの先駆けとして一時期大ヒットしましたが、後発でもっと配合量の多い製品が次々出てきたため、現在は見劣りしてしまいますね。

鍛神の効果は?HMBサプリのエビデンス

金子賢さんの筋肉の秘密とも言えるHMBサプリ「鍛神」

 

この鍛神には、具体的にどんな効果があるのか?
公表されている科学的エビデンスを元に、その効果を見ていきましょう。

 

筋肉を増やしつつ脂肪を落とす!

HMBサプリは、鍛神だけでなく数多く発売されていますが、実はそれらのサプリの原料については、同一のメーカーが供給していることが少なくありません。
各サプリは、原料メーカーからHMBやアミノ酸などを購入し、それを独自の比率で配合してサプリを販売しているのです。
日本においてHMBは、小林香料という会社が主要な原料メーカーとなっています。

 

その小林香料が、HMBの効果を確かめるための実験をいくつか行っています。

 

カロリー制限を行いつつ一日2gのHMBを摂取した被験者は、1ヶ月で5kgの減量に成功しました。
しかも、ダイエット前後の体組成をチェックすると、脂肪組織が5kgの減少に対し、除脂肪体重は0.6kgしか減っていませんでした。
つまり、HMBが筋肉の分解を強力に抑制し「筋肉を残して脂肪だけを落とした」理想のダイエットとなったのです。
http://www.kobayashikoryo.co.jp/hmbca/diet/

 

この実験では、男性の被験者に1日2g(2000mg)の摂取で、カロリー制限を行いながらも筋肉の減少が最小限となったことがわかりました。
特に運動は行っていないので「減少を抑える」という結果になりましたが、しっかり運動もしていれば筋肉は増えるはずです。

 

鍛神を飲みながら筋トレダイエットすれば、理想の体に近づける!

 

基礎代謝を増やし痩せやすい身体に!

各モニターは、摂取前の日常と同等の運動、食事量を前提としてHMBカルシウム1.5g/日を30日間摂取しました。
摂取により体重は、緩やか且つ直線的に低下し、平均で−0.6 kg(約1%減少)となりました。
また、その内訳も理想的で、脂肪組織のみが減少して筋肉(体重−脂肪組織)は維持されていました。
これは、筋肉の質(密度)が向上して基礎代謝が向上し、結果として脂肪が減少したものと推察しています。
http://www.kobayashikoryo.co.jp/hmbca/diet/

 

こちらの実験では、女性のモニターに1日1.5g(1500mg)の摂取で、筋肉の質が向上して基礎代謝が向上し、それまでの生活を維持したままで僅かながらの体脂肪減少が起こったことが確認されています。
HMBは体内で筋肉の合成を促進する働きがあるため、体脂肪を落としていくには有利になるはずです。

 

鍛神を飲むことで体脂肪を落としやすくなる!

 

筋トレの疲労やストレスを軽減!

アメリカ軍では、極めて厳しい軍事訓練を受ける兵士たちにHMBサプリを摂取させ、その影響を調査する実験が行われています。
英語の論文ですが、23日間の研究で、1日3g(3000mg)のHMB摂取群は、インスリン成長因子結合タンパク質番号7(IGFBP-7)の減少が確認されています。
これはストレス応答の低下を示し、激しい軍事訓練の際にストレスを軽減する上でのHMBの効果を示唆しています。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27726925

 

肉体改造のために筋トレなどの運動に励む人は多いですが、そこで問題になるのが「疲労」です。
ただでさえ日々の仕事で疲れているのに、そこにさらに運動をして疲れるなんて…
たまった疲労に耐えきれず、ついにダイエットに挫折してしまう方は想像以上に多いんですね。

 

このため、筋トレをする上で疲労のコントロールは非常に重要。
HMBには、運動における身体的ストレスを軽減する効果が認められているのです。

 

鍛神を飲んで筋トレすると疲れが残らない!

 

初心者ほどHMBは効果的!

NSCA(ストレングス&コンディショニング協会)の研究で、HMBの筋肉増強効果は、トレーニング経験の浅い初心者ほど大きいという結果が出ています。

 

HMBの抗異化作用が除脂肪体重に利益をもたらすことは可能であるかという研究も発表されています。
Nissenらはトレーニング経験のない男性被験者が1週間に6回、7週間のレジスタンストレーニングと併せて、HMBまたはプラセボを3g(0.04/kg/日)摂取しました。
この研究において、調査期間中の複数回の測定結果では、HMBサプリメントを摂取した群の除脂肪体重が増加しました。
また、同様のトレーニングプログラムと3g/日の用量の摂取により除脂肪体重が増加したことが証明されました。

 

さらに、レジスタンストレーニング経験のある上級鍛錬者を被験者としたHMB研究においては、一貫して筋力と身体組成に関する好ましい変化は観察されないとの報告がなされています。
これらの結果を統合すると、HMBはすでにレジスタンストレーニングを行っているアスリートに対してではなく、ストレングストレーニングを始める人に(除脂肪体重の増加)役立つ可能性があると思われます。
http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-5891

 

すでに日頃から激しいトレーニングを行っているアスリートは、筋肉の成長も”伸びシロ”が少なくなっており、いまさらサプリを少し足したくらいでは中々成果を上げられません。
一方で、トレーニング経験が浅く普段から運動不足だった人ほど、トレーニングによる筋肉の”伸びシロ”が大きいため、サプリの効果も高くなると考えられています。

 

そう考えると、特に筋トレをはじめて肉体改造を目指そうとする方が、伸びシロの大きいボーナスタイムにHMBを活用しないのは、すごく損と言えるんじゃないでしょうか?

 

筋トレ初心者ほどHMBは絶対使うべし!

 

金子賢も鍛神で肉体改造

金子賢さんは、サマースタイルアワードの代表を務めながら、自身もフィットネスコンテストに出場している選手でもあります。

 

あのくらいのレベルになると、筋肉を増やすためにトレーニングと食事のボリュームを増やし、「一回太ってから脂肪だけ落とす」というアプローチを行います。

 

この「脂肪だけ落とす」という減量期に、鍛神のようなHMBサプリの出番という訳です。

 

金子賢も鍛神を愛用

 

減量するには食事管理が必須ですが、単に食事制限するだけだと筋肉まで一緒に落ちます。

 

減量の際に筋肉の減少を食い止めてくれるのがHMBです。

 

飯を食いまくって筋トレし、脂肪の下に大きな筋肉を育てた後、脂肪だけを落とせば美しく引き締まったボディが完成します。

 

もちろん、筋トレ初心者の方は筋肉を増やす時期にも鍛神HMBを活用してください。
先に書いたように、初心者の人ほど鍛神の効果は高くなります。

 

鍛神のHMB以外の成分について

鍛神にはHMB以外にも筋トレをサポートしてくれる成分が多く配合されています。
自身も長年トレーニングを行ってきた金子賢さんが「納得できるものを」ということで開発されたサプリですから、成分にもこだわっていますね。

 

BCAA

BCAAとは、ロイシン、バリン、イソロイシンの3つのアミノ酸の総称で、筋肉の材料となるアミノ酸の中でも最も重要な3つです。
BCAAが無ければ筋肉は出来ませんので、食事だけでなくサプリで補うことも重要です。

 

アルギニン

アルギニンはアミノ酸の一種で、体内では血管を拡張する効果があります。
血管を拡張して血流が増えることで、全身の機能が活性化し筋トレでも高いパフォーマンスを発揮することが出来ます。
また、アルギニンは成長ホルモンや男性ホルモンの分泌を促進する事でも知られています。

 

シトルリン

シトルリンは、体内でアルギニンと同じような働きをするアミノ酸です。
アルギニンはスポーツにも健康にも非常に重要ですが、アルギニンだけを過剰摂取すると身体に支障を来す場合があります。
シトルリンはアルギニンより低リスクで同じような働きをするため、アルギニンとシトルリンをセットで配合するのが一般的です。

 

グルタミン

グルタミンは、身体の免疫力を支えるアミノ酸の一種です。
筋トレのような運動は、体に対してストレスを与え、それによって免疫力が低下する場合があります。
このため、運動直後はグルタミンの消費量が非常に増えるため、サプリでの補給が必要なのです。

 

オルニチン

オルニチンは、肝臓でのアンモニア代謝に不可欠なアミノ酸の一種です。
筋肉をつけようと考える人は、必然的に肉類などのタンパク質摂取量が増えるため、それを分解する肝臓の負担も大きくなります。
このため、オルニチンを補給してあげて身体の調子を整えることが重要なのです。

 

鍛神の飲み方

鍛神の効果的な飲み方

鍛神は、1日分6粒にHMB2000mgを配合し、一袋で一か月分となっています。

 

1日に6粒飲むわけですが、一回で6粒全部飲んでしまうのは得策ではありません。
出来るだけ長い間、HMBの血中濃度を高く保つため、数回に分けて飲みましょう。

 

筋トレ前後に飲む

筋トレ1時間前:3粒
筋トレ後の食後:3粒

 

筋トレの一時間ほどまえに飲んでおき、血中濃度が高い状態でトレーニング。
トレーニングが終わった後は、サプリではなくちゃんとした食事を取り、その際にも3粒飲むようにしましょう。

 

食後に飲む

朝食後:2粒
昼食後:2粒
夕食後:2粒

 

トレーニングの時間が決まっていなかったり、運動しない日にも飲む場合などは、3食の後に飲むのがオススメです。
基本的に、サプリは空腹時に飲んでも消化酵素がでないので吸収しにくく、消化器がフル稼働している食後に飲むのが有効です。

 

筋トレする日は筋トレ前後
休息日には毎食後。

 

このような飲み方が良いでしょう!

 

 

加齢と共に体型の維持ができなくなった方。
ジムなどでトレーニングされていて筋肉増量に関心の高い方。
筋肉質な引き締まった身体になりたい方。
女性にモテたい方。

 

ぜひトレーニングの相棒に鍛神を使ってみてください!

 


こちらも読まれています